リボ払いや分割払いってダメなもの?使わない方がいいの?

クレジットカードには、支払い方法として、リボ払いや分割払いが利用できるものがほとんどです。ただ、人によっては「一括払いで払うと決めている」「利息がかかるから絶対イヤ」という方も多いみたいですね。私カードスタッフが、リボや分割払いについての考え方などを書いてみます。

上手に活用できればとても便利

なんでもかんでも一括払いで購入しても、支払いには苦労しないよ♪という方にとっては、正直リボや分割は全く必要ないと思います。

ただし、私のような低所得者にとっては、上手に使えば非常に便利になるケースもあります。せっかくの機能なのですから、頭ごなしに否定するのではなく、メリットやデメリットを考えた上で利用を判断されるのもよいのではないでしょうか☆

現在の収入では手が届かない物も購入できる

…と書くと、「多重債務の始まりの原因」と、よくない方に捉える事もできますが、きちんと計画的に利用すれば、メリットにもなりえます。

ここで一つ例を出してみましょう。「動作の重いお古PCから、20万円の最新高速PCに買い替えたいけれど手持ちが無い」という方がいたとします。

1.毎月1万6500円ずつ貯めて一年後に購入

最も堅実な方法です。お金にピンチな月は、貯金を一旦ストップする事ができるというメリットがあります。ただし、一年間古いPCで、効率が悪い作業をしなければならないというデメリットもあります。

2.クレジットカードの12回払いで購入

手数料が15%(実質年率) の場合、20万円の商品を購入すると、元金20万円+1万6251円の手数料がかかります(※1)。月額あたりの費用は1万8000円程ですね。すぐに手元にPCが手に入るというメリットがあります。しかし、毎月必ず支払いをしなければいけないデメリットも発生します。

「2」は「1」と比べると一ヶ月あたり1500円程多く払わないといけませんが、費用対効果も考慮する重要なポイントの一つです。すぐに高性能PCが手に入れば、今まで以上の作業効率を得られるというメリットも発生します。それによって得られる生産性と、手数料・その他もろもろを天秤にかけて判断されると、人それぞれの答えが出てくるのではないでしょうか。

※ちなみに他にもボーナス二回払いなんて支払い方法ができる場合もあります。

計画性を持つ事がお得に使える条件

上を見ると、分割・リボが一概に悪いものでは無いという事が、なんとなく分かると思います。ただし、上記の例の様な損得勘定だけで、分割・リボを利用し続けるのは危険です。分割・リボを複数同時に利用すると、小さい金額が積み重なって、月々の支払いも大変になってしまう場合があるからです。(過去に体験済み(^^;)

やはり利用する上で最も大事な事は、計画性を持つ事です。現在の負債残高がどれくらいあるかを常に把握しておき、一定以上の支払いにならないように、自制心をもって上手に利用したいですよね。

ちなみに、私はリボ・分割を推奨している訳ではありません。私もなるべくは使わないようにしています(^^;。しかし、上手に使えば本当に便利なんだなぁと思う事があり、このような記事を書いてみた次第です。

※1JCBの分割払いシミュレーションをお借りしました。

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード