国立病院での医療費の支払いもクレジットカードで!

ついに2005年4月から、国立病院でのクレジットカードの支払いが可能になりました。病院でもVISA!のCMでおなじみですね!

プレスリリースを見る限り、全ての国立病院で使えるかはよくわかりませんが、大変便利になりそうです。

病院で使うメリット

高額医療費の支払い

医療費は、時にかなりの高額になってしまう事もあるかもしれません。突然その様な事態になってしまったら、慌てて金策に走らなければいけません。

そんな時でもクレジットカードの分割やリボを使用すれば、安心して支払いができ、大変便利になります。

ポイントゲットのチャンス

クレジットカードには、少なくとも0.5%の還元率があります。20万円で1000円戻ってくる計算ですね。比較的高額な医療費であれば、ポイントを貯めるチャンスも広がっていくでしょう。

もちろん、オリコ等のポイント還元率の高いカードであれば、もっと得をする事ができるでしょう。

カード会社の対応表

各カード会社の病院対応表を調べてみたのですが、意外にもホームページで公開している会社は少ないようです。見つけたところをご紹介します。

JCB
http://www.jcb.co.jp/life/scene/pop_hospital.html
三井住友カード
http://www.smbc-card.com/mem/service/li/pop/hospital.html

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード