20代でも持てるヤングゴールドカードの魅力やメリット

ゴールドカードが欲しいけれど、年齢が足りていない。年収は足りているのに、、、という方は、ヤングゴールドカードがお勧めです。このページでは、優れたコストパフォーマンスを持つ、ヤングゴールドについてご紹介します。

ヤングゴールドカードの特長

ヤングゴールドとは、その名の通り若い人(基本は20歳〜30歳未満)のみが取得できるゴールドカードです。正直コストパフォーマンスはかなりすごいと思います。それでは順に特長を挙げてみましょう。

限度額が高い

通常一般カードですと、ショッピング枠が10万〜50万が普通ですが、こちらは一部を除いて50万〜のスタートというのが一般的です。年齢が若い方は、限度額が少ないカードが発行される事も多いと思いますが、これだけゆとりの限度額がもらえれば、ほとんど事足りるでしょう。

保険が充実

一般カードには海外旅行傷害保険や国内旅行障害保険は付帯していない場合が多いですが、多くのヤングゴールドは、両方の保険が自動付帯するケースが多いのです。また、スポーツ賠償責任保険や国内航空便遅延保険まで付帯している会社もあります。

30歳を過ぎた更新時に、自動的にゴールドカードへランクアップ

通常のゴールドカードは、入会時に一般カードに比べて多少厳しい審査がありますが、ヤングゴールドを持っている会員は、30歳を過ぎた更新時に、自動的にゴールドにランクアップされます。一応審査もあるようですが、延滞をしていなければ、ほぼ問題なく切り替わるようです。

年会費がリーズナブル

これだけの機能や保険がついていて、年会費は3,150円の会社がほとんどです。これではきっと割りにあっていないですよね。おそらく将来を見越した上での投資なのだと思います。

各社比較表

ヤングゴールドカードを比較してみると、やはり銀行系らしく、各社ほとんど同じような感じです。選ぶ際の基準は、デザインや保険・ラウンジでしょうか。また、自分のメインバンクと関連のあるクレジットカード会社を選ぶのがいいかもしれませんね。

※執筆時点。現在は募集終了しているカードも含みます。

  旅行
障害保険
年会費 限度額 その他
国内 海外   ショッピング キャッシング カードローン 会員紙 ラウンジ
三井住友カード 3,150円 50万〜100万 0万〜40万 0万〜40万 ×
DC 3,150円 50〜80万円
UC 3,150円 70万円 10万円 10〜200万円 × ×
UFJ 3,150円 20万〜100万円 5万〜30万円 10〜100万円 ×

※旅行障害保険について:自動付帯は○、利用付帯は△としました。
※会員紙については期間限定で無料なものは△としました。
※ラウンジについては、利用できるラウンジが少ないものは△としました。

ヤングゴールドカードの審査

私がクレジットカードの勧誘をしいて、一番多く見るのが、三井住友VISAヤングゴールドカード(現在は三井住友VISAプライムゴールドが代役になり、もう申し込めないみたいです)だと思います。多分銀行が有名だからなのかなぁと思います。持っていらっしゃる方の一人に、ちょっとお世辞も含めてこう言ってみた事があります。

「若いのにすごいですね〜」、、、すると「もともと学生用のカードを持ってたんですけど、大学卒業して派遣で働くようになったら、すぐにダイレクトメールがきて切替えたんです。」って。

たしか一年か二年、年会費が無料だったとおっしゃっていたので、それはインビテーションだったのではないかなと思います。正社員じゃなくてもインビテーションがくるなんて、、、とちょっと衝撃的でした。でもその子は年会費無料が終わったら元に戻すと言ってましたが(笑)

やっぱり若い方には優しいのかなって思います。

要するに青田買い?

ヤングゴールドは、将来の為の青田買いとも言えます。若い頃から同じクレジットカードを使用してもらうと同時に、愛着を感じてもらい、優良ユーザーになってもらおうという事なのでしょう。だれだってこんなに機能が優れていて、この年会費だったら気に入りますものね。若い頃から使用しているものには、無意識のうちに愛着もわくものですし、金色の券面で、自尊心もうまくくすぐってしまう効果もあるのでしょう。。

つまりヤングゴールドは、将来のお得意様になってもらえるように、サービスやコストパフォーマンスに特に優れたクレジットカードなのです。20代の方は、是非一枚作られるとよいでしょう。若いうちだけの特権なのですから。

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード