インビテーションとは【クレジットカード用語集】

インビテーションとは、所持しているクレジット会社からの、クレジットカード券種アップグレードの招待状のことです。

通称インビとも呼ばれ、こちらの呼び名の方が、クレジットカード大好き人間にとっては冗長でなく、呼びやすいです。喜びと感動と、申し込むか否かの葛藤……ココロを揺さぶられる招待状なのです。

インビテーションの基本

基本的には、既存会員を、より上級のカードへ招待するためのものです。その案内(申込書)から申し込みをすると、超高確率で上級カードが発行されます。

インビテーションの種類

お手紙

大抵はお手紙形式で送られてきます。日付とサインなど、簡易な記述をして同封の返信用封筒で送り返す形式です。

プラチナカードクラス以上だと、その案内はより高級感あふれるものとなり、封筒では無いものまであるようです。

Web上

クレジット会社のウェブサービス上の、ログインが必要な会員専用ページから、ポップアップなどで表示される形式です。所定の入力をして、申し込みボタンを押すだけの簡単なものです。

一時期アメックスがWeb上のインビテーションを展開していましたが、最近はあまり聞きませんね。

電話

電話で「上級カードにご興味無いですか」的な案内がされることがあります。その対応次第で、後に改めて郵送でインビテーションが届くこともあります。

インビテーションが送られてくる条件

各社・各カードによって異なります。また、全く優良会員で無いにもかかわらず、送られてくることもあるので不思議なものです。例えば、「年間数万円しか使っていないのにプラチナのインビが来た!」というのも聞いたことがあります。

基本的には、属性や年間決済額、延滞の有無などで抽出し、送付しているものと考えられます。

インビテーションと見せかけたDMもあるので注意

インビテーションと見せかけ、不特定多数に送信しているDM(ダイレクトメール)もあります。一見しただけでは分かりづらいため、勘違いしてしまうこともありますが、後者の方は通常クラスの審査がありますので、特別審査が甘いわけではありません。

「選ばれた人に」〜などと書いてあっても、それだけでは信用できないのが難しいところです。(^^;)

インビとDMの中間的なもの

アメックスのプラチナ以上など、上級カードのインビテーションを除き、現在ではインビとDMの中間的(どちらかというとDMより)な案内が多い(というよりほとんど!?)ように思います。いずれにしても、既存カードを普通に使っていれば、落ちることはほとんど無いので気にすることはないかもしれませんけれど。

審査に落ちることもある!?

インビテーションでも、100%確実に上級カードが発行されるわけではありません(先ほど触れたように、DMならいわずもがなです)。

大抵のインビの申込書には、「審査の上なんちゃら〜」「発行されないことが〜」と記載があります。形式上のことで、ほとんど無いことだとは思いますが、落ちる可能性もあると考えておくのが良いです。

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード