プレミアムカードとは〜クレジットカード用語集

プレミアム。その言葉が、今日ではあらゆる業界で氾濫してきているようなので、なんとなく分かる方も思います。プレミアムカードとは、その名の通りプレミアムなグレードのクレジットカードです。

通常は、ゴールドカードよりもランクの上のカードのことを指します。つまるところ、プラチナ未満ゴールド以上の俗に言うスーパーゴールド(アッパーゴールド)から、プラチナ・ブラック(センチュリオン)までの総称ですね。

ただ、広義ではクレジット会社が「プレミアム」と銘打ってあれば、ゴールド級でもプレミアムということもあります(JCBゴールドなど)。本ページでは、広義な方ではなく、一般的な意味でのプレミアムカードをご紹介したいと思います。

プレミアムカードを発行してる会社

私が知る限りのプレミアムカードは以下になります。プレミアムカードはオフィシャルサイトに情報が無いことも多いので、当サイト内の各会社の紹介ページへリンクしています。

アメリカンエキスプレス プラチナカード

アメリカン・エキスプレス社が発行しています。アメリカンエキスプレスゴールドのワンランク上がこちら。ゴールドは簡単に取得できてもプラチナ会員にはなかなかなれないようです。(最近はインビテーションが結構あるらしい?)年会費は10万オーバーとかなり高いようですが、高額な旅行保険が自動付帯します。その他のサービスも優れているそうです。

アメリカンエキスプレス センチュリオン(ブラックカード)

こちらもアメックス社発行です。アメリカンエキスプレスの最高峰がこちらです。通称ブラックカードとも呼ばれ、よくテレビで芸能人が自慢しているのを見た事があります。年会費も16万(現在は30万以上に値上げした模様)とバカ高いです。

一部のプラチナカード会員が、アメックスのインビテーションからのみ、センチュリオンへ招待されます。みのもんたさんや、細木数子さん、美川憲一さん、神田うのさん、つんく♂さん等が持っている事でも有名です。

JCB THE CLASS(ジェーシービー・ザ・クラス)

ジェーシービーが発行する最上級のプレミアムカードがザ・クラスです。パッと見はJCBゴールドと違いはありませんが、若干ゴールド色が濃いです。2005/09に、フェイスを一新してペガサスがモチーフのブラックフェイスに生まれ変わりました。(こちらはすごくカッコいいです)

年会費は5万円+税ですが、毎年1回、東京ディズニーリゾートにペアで招待してくれるサービスがあります※1) ので、実質はそれ程高くありません。少なくとも年齢40歳以上、年収1,200万円以上は必要ですので(発行基準がちょっと甘くなったみたいです)それでも大変持つのが難しいプレミアムカードです。

06/06/29追記
※1 ディズニーパスポートサービスは終了したようです。メンバーズセレクションという、元々あるサービスの一つに含まれるようになるそうです。
情報提供:mokeさん、感謝です!

ダイナースプレミアム

三井住友トラストクラブが発行しています。一般会員でもアメックスのゴールド以上と呼ばれるダイナースクラブの、プレミアムカードです。年会費は10万オーバーとこちらも高いですが、超プレミアムなサービスが受けられるようです。SMBC信託銀行のプレスティアに3千万だか5千だかの資産があれば、優先的に発行してくれるとの噂あり(あくまで噂ですが)。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友カードが発行しています。VISAのプラチナとして、最も人気があると行っても過言では無いでしょう。Visaの場合、こちらか、後述のSuMi TRUST CLUB プラチナカードがブランド力があります。カードフェイス、かなりカッコイイです。

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

三井住友トラストクラブが発行しています。

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード