社内ブラックとは〜クレジットカード用語集

社内ブラックとは、あるクレジットカード会社の中だけでブラック状態にある事です。類似語のブラックと違う点は、その会社内部だけの状態なので、他の会社には影響がない事です。

どんな時に社内ブラックになるか

例えば、クレジット会社Aで支払いを延滞したとします。あまりにも酷い延滞だと、CIC等の個人信用情報機関に異動(大きな延滞情報みたいなもの)がつきます。信用情報情報は、加盟しているクレジットカード会社が、審査や与信管理の際に閲覧する事ができますので、他の会社にもネガティブ情報がバレてしまいます。それが俗に言う、ブラックリストの状態になります。

しかし、異動情報は、ある一定の期間が経過すると(最低5年)個人信用情報機関から消えてしまいます。つまり、新規でクレジットカードを申し込んでも、A社以外からしたら、過去の延滞が認識できなくなるという事です。

しかし、過去に迷惑を掛けた会社は、独自に過去の会員情報も保持しています。その為、過去に強制解約等をされた会社(ここではA社)で再び申し込みをしても、通してくれる可能性は極めて低くなります。

これが俗に言う社内ブラックです。社内で保有している過去の情報については、何十年や、時には半永久的に保存するとも言われます。

一度迷惑を掛けた会社のクレジットカードは、できれば避けた方が無難。申し込む場合でも、少なくとも10年以上たたないと、審査に通らない可能性が高いでしょう。

会社合併に伴う社内ブラック情報の共有

最近、クレジットカード会社の合併が多く、社内ブラックの情報が広がってしまうという事が懸念されています。例えば、DC・UFJカード・ニコスが合併して三菱UFJニコスが。UCとセゾンの合併など、大手の合併がありました。

一例を挙げれば、合併前のUCカードホルダーで、セゾンは社内ブラックな場合。更新拒否されないか大丈夫かなぁという心配が生まれます。すでにホルダーのようなこの場合は、きちんと支払いをしていれば問題にならないことも多いと思いますが、問題は新規申し込みの方。

過去にDCでトラブルを起こして強制解約された人が、三菱UFJニコスのカードが欲しい場合。新規だと通らない可能性も出てきます。(とは言え、実際は通った!という人も結構いるようですが)

吸収合併はこれからも発生する可能性がありますので、私たちにできるのは、絶対に延滞しないこと。これにつきますね。

グループ会社の情報共有は!?

会社合併とは異なり、グループ会社としてあたらに加わることにより、新たな心配事の種になっていることもあります。

こちらも例えると、三井住友フィナンシャルグループには、三井住友カードはもちろんのこと、セディナやプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)なども傘下となっています。

過去にプロミスで迷惑をかけたから、三井住友カードが持てないのでは……という具合に、心配されている人も多いようです。もちろん、三井住友フィナンシャルグループだけでなく、三菱UFJフィナンシャル・グループなども同様です(三菱UFJニコス、アコム、ジャックス、JALカード等が傘下)。

結論を言えば、こちらの情報共有は現在分かっていません。会社が違うことになりますので、情報を共有するためには、規約にグループ会社にて共有するなど明記してある可能性があります。

過去にプロミスでブラックだった人が三井住友カードは通った……という例も複数聞きましたし、推測ではありますが社内ブラックの情報共有は無い・もしくは少ない可能性もあります。

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード