クレジットカード会社が加盟する個人信用情報機関とは

クレジットカード会社は、ユーザーに対する適正な審査&与信判断のために、個人信用情報機関に加盟しています。個人信用情報機関には、各人のクレジット利用履歴が登録れており、後述していきますが、それを見れば様々なことが分かります。

審査時、どれくらいの与信が出来るかを判断する為の一材料として、クレジットカード会社は最低一つは個人信用情報機関に加盟しています。

どんな会社があり、どんな内容が登録されているの?

まずは説明する前に、個人信用情報機関にはどのような会社があるのか。また、どんな内容が登録されているのかざっくりとみてみましょう。

現在、一般的なクレジットカード会社に利用されている個人信用情報機関は全部で3つです。順番に解説してきますね。

CIC(シー・アイ・シー)

http://www.cic.co.jp/

CICは、クレジット会社の共同出資により設立された個人信用情報機関です。あらゆるクレジットカード会社内で、最も加盟されている会社と言ってもいいでしょう。

消費者金融系のクレジットカード会社は加盟していない所もありますが、銀行系・信販系・流通系等、私の知る限りでは全てCICに加盟しています。郵送での情報開示も受け付けていますので、気になる方は開示してみてはいかがでしょうか。

CICの登録情報

氏名・生年月日・電話番号・郵便番号・住所・勤務先名・勤務先電話・クレジットカードの契約年月日・契約の種類・残債額・返済状況・入金状況・終了状況・登録会社名

日本信用情報機構(JICC)

http://www.jicc.co.jp/

主に消費者金融系のクレジット会社が加盟しているのがJICCです。合併を繰り返しており、旧CCB、旧テラネット、旧全情連の流れをくんでいます。

日本信用情報機構の登録情報

氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、 勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等、登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、 契約金額、貸付金額、保証額等、入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等、債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、 破産申立、債権譲渡等、本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等

全国銀行個人信用情報センター(全銀協)

http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

銀行系のクレジットカード会社が加盟しています。また、外資系の一部の会社もこちらに登録しています。郵送での個人情報開示も受け付けています。

全国銀行個人信用情報センターの登録情報

登録氏名・旧氏名・性別・郵便番号・本人電話番号・住所・勤務先名・勤務先電話番号・会員コード・店番号・取引種類・貸出形式区分・使途区分・担保有無・極度設定日・極度設定期限・極度設定金額・残債額・更新日(残債額)・実行-事故区分・完済-解約-事故日・返済履歴

個人信用情報機関と審査の関係

さて、登録される情報がざっくりと分かったところで、クレジットカード会社がどうやって個人信用情報機関を利用して審査をしているのかの説明に移ります。

クレジットカード会社は新規に申し込みがあった時、個人信用情報機関から、その人の今までに利用してきたクレジット情報を閲覧します。いろいろな判断基準があり、複合的な要素で良い悪いが決まってくることもありますが、ここでは明快かつ代表的なものをご紹介します。

過去にブラックリスト状態ではなかったかのチェック

個人信用情報機関の情報で、わかりやすく重要なのは、ブラックリスト状態でないかのチェックです。ブラックリスト状態とは、例えば3ヶ月以上の延滞レベルである「異動」とういう情報や、自己破産・任意整理・個人再生・特定調停に付随するネガティブ情報が登録されている状態を指します。

こうなるともう致命的で、その時点でほぼ審査落ちが決まってしまうでしょう。

また、明確にネガティブ情報がついていなかったとしても、油断は出来ません。信用情報が真っ白な状態でも、過去に何かあったかもしれないと思われてしまうケースもあります。

というのも、個人信用情報機関の登録期間はだいたいが5年(官報情報は10年)で消えてしまうのですが、それらが全て消えた後が真っ白の状態だからです。20代前半の場合など、真っ白でも不思議ではない年齢以外は、審査が厳しくなります。

入金履歴(支払い履歴)のチェック

CICでは、過去24ヶ月以内の入金履歴が事細かに登録されています(クレジット会社によっては、延滞した際しか登録しないこともある)。それを見れば、その人のお金に対する感覚は一目瞭然!

期限日までに正常に入金したという情報が多く登録されていれば「ああ、この人はクレジットカードをよく使う人だな、しかも毎月きちんと返済している」となればプラスになります。

未入金や一部入金など、延滞情報ばかりの人は、「この人は他のカード会社で延滞ばかりしている、お金にルーズな人なんだな」とマイナスにもなるのです。

他社クレジットカードの保有状態

適切な枚数、例えば30〜40代くらいであれば2〜4枚くらいを長期保持しているだけでも、審査にプラスとなります。というのも、延滞を繰り返すような人は、カード更新時はもちろん、通常時でもいきなり強制解約などがありえるため、長期保有できないからです。

あまり枚数が多すぎるとまた変わってくるかもしれませんが、少数のカードを長期保有しているだけでも、クレジットヒストリーとして認められるのです。

クレジット申し込み件数

申し込んだクレジットは、実は過去半年分の履歴が残ります。この申し込み履歴数が多いと、通称「多重申し込み」となり、クレジットカードの審査に大きく悪影響を与えます。

多重申し込みについては、当カテゴリ内の何社も申し込む、通称「多重申し込み」に注意のページをご覧ください。

クレジットカードは、総合的審査が原則

もちろん個人信用情報機関の登録情報だけでクレジットカードの審査が決まるわけではありません。 極論を言えば、異動が登録されてもまれにカードが作れることもあれば、信用情報に問題が無くても落ちることは十分考えられます。

その人の属性のスコアリングと、個人信用機関の情報とを合わせた上で、総合的な結果として審査は決まりますので、信用情報にそれほど自信が無い方でも、チャンスはありますよ!

1枚目のクレヒス構築用がどうしても必要な方はこちらをお読みください。正社員はもちろん、パート・アルバイトなども審査対象です。

クレジットヒストリーを作るための、1枚目の私のお勧めクレジットカードの記事を読む

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード