携帯電話・スマホの分割払いの延滞に注意!

近年、携帯電話が分割払いをすることが一般的になってきました。特に、高機能携帯電話であるスマートフォン(スマホ・スマフォ)は高額なこともあり、分割払いでの購入がごく当たり前となってきています。

しかし、この携帯の分割払いが、俗に言うブラックリスト状態の方を増やす原因となってきているのです。

分割払いは、れっきとしたクレジット契約(割賦契約)

まず最初にはっきりさせておくと、携帯電話の分割払いは、れっきとしたクレジット契約です。通常のクレジットカードとはことなり、割賦契約という形となります。

個人信用情報機関に登録される

クレジット契約ということは、契約すると個人信用情報機関に成約情報(契約しているという情報)が登録されます。それだけではありません。入金履歴(支払い履歴)も登録されることがあります。

すなわち、ここでの支払い状況が、クレジットカードの審査にまで影響を与えてしまうことになるのです。

ブラックリスト状態者が激増

この割賦契約による登録総数は、「ダイヤモンド・オンライン」によると、11年12月までの1年半で825万件から4342万件となり、毎月200万件近く増え続けているそうです。

この分割払いは、端末料金の割引という形で相殺されることになるのが一般的であるため、クレジット契約をしているという意識が芽生えにくいです。しかも、利用者は10代20代の人も多く、そもそもクレジット契約を延滞するとどうなるか……という意識が全く無い人もいます(私もさすがに10代のころは個人信用情報機関なんて知らなかったです)。

そんなわけで、安易に支払いを延滞する人がおり、ブラックリスト状態者が激増しているのです。ですのでクレジットカードの審査に悩む人は、絶対に携帯の分割払いを延滞してはいけません。

携帯割賦は特に延滞に気をつける必要あり

実は、携帯の分割払いの延滞には、大きな落とし穴があります。これを知らないと、長期間被害を被る可能性がありますので、絶対に気をつけたいポイントです。

延滞した場合のリカバリーが効かない

クレジットカードの延滞の場合、延滞の「A」マークが付いた際、2年経過すれば押し出されて見えなくなります。※詳しくは、クレジットヒストリーを意識した、カードの解約方法のページで解説しています。

しかし、携帯の分割払いは大抵が1年から長くても2年。つまり、悪い情報が登録されてしまった場合、2年後に押し出して削除できないのです。つまり、後からのリカバリーができないため、クレジットカードの延滞よりもたちが悪いのです。

信用情報は5年残る

携帯の割賦が完了した時点の情報は、その時の入金情報がまるまる5年残ります。つまり5年間、新規クレジットカードの審査の際に、足かせとなってしまう可能性があるのです。

5年ってかなりの長期間ですよね。もちろん、延滞のAマークが1つついていても、それだけでは致命的な情報とまではいきませんが、数個付いていたらかなり審査に影響を与えます。

リカバリーできない点と、5年残るという2点を考慮すると、携帯電話の分割払いを延滞することの怖さが分かってくると思います。

すでに延滞をしてしまっている方へ

本ページをご覧になっている方で、すでに携帯電話の分割払いを延滞してしまっている方もいるかもしれません。短期間の延滞が1度くらいであれば、深刻な状況ではありません。

延滞の回数が多い場合や、長期間(3ヶ月以上)の延滞であれば、致命的な情報が個人信用情報機関についている可能性があり、その場合、今後5年は新規クレジット契約が非常に難しくなります。

先ほどのとおり今からのリカバリーは出来ませんので、残念ながら、今後一切延滞しないように気をつける他ありません。

事前に知っていたら、延滞をする人などいないはずです。個人的に、もう少し契約時にしっかりとした説明が必要だなと強く感じています(とは言えお客さん側も、はいはいと聞き流してしまうことは多いと思いますが)。

クレジットヒストリー作りにも活かせる!

携帯電話の割賦契約がクレジット契約ならば、クレジットヒストリー(クレヒス)になるのでは!?と思った方、ご名答です!実はまさしくその通りなのです。先ほどのとおり個人信用情報機関に成約情報として掲載されますし、きちんと支払日を守って入金すれば、$マークがつく可能性もあります。

最初の1枚目を取得するための修行として

とは言え、通常のクレジットカード契約とは異なり、携帯電話の割賦はクレヒスとしては実は弱いです。というのも、クレジット会社から見れば、契約金額などをみれば、「ああ、これは携帯の割賦だな」と分かってしまうからです。

クレヒス作りには弱いですが、1枚目のクレジットカードが作れない方にとっては、クレジットカードとは比べようも無いくらい審査が甘い携帯の分割払いなので価値はあります。補助的な“クレヒス修行”に使用されると良いと思います。

とはいえ、延滞はクレジットカードと同レベルに判断されてしまうのにもかかわらず、クレヒスとしては弱いのはちょっと悲しいですけれどね。

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード