どう書いたら良い!?クレジットカードのサイン(署名)の書き方

クレジットカードが届いたら、まずやることの一つに、サイン(署名)を記入することがあります。同封されているパンフレット内でも、まずはサインを書いてください……という案内があるとは思いますが、そうは言ってもあまり詳しくは説明されていません。

そこで本ページでは、そんなクレジットカードのサインの書き方について詳しくご紹介したいと思います。

サインの書き方ルール

実は、どんなサインにするかは特に決まりがありません。そのためパンフレットにも、あまり詳しく書かれていないんですね。ご自身が普段使っているサインを記入すればOKです。

海外へ行く人はパスポートと同じに

海外では、パスポートが大事な身分証明になります。ですから、海外によく行かれる方・行く可能性のある方は、クレジットカードもそれと全く同じサインにしておくとトラブルの可能性が減らせます。

絶対そうしなければならない、というわけではありませんので、それを踏まえた上で、下記もご覧いただければと思います。

漢字で

漢字で

私たちは日本人ですから、これが最も一般的なサインかと思います。漢字のサインは世界で通用しますから、普段名前を書くのと同じようにサインしてOKです。

個人的には、漢字が最もお勧めできるサインです。というのも、サインは書き慣れているものですから、筆跡も常に同じになりやすいこと。さらに、海外ではもちろん漢字の方が少数派ですから、外国人の方にマネされづらいというメリットもあります。

後述するローマ字でも問題はありませんが、不利利用のリスクをさらに避けるためにも、パスポートと同じにする等の希望が無い場合は、個人的には漢字を一番お勧めしています。

ローマ字・アルファベットで

ローマ字・アルファベットで

筆記体でさらさらとサイン、なんだか絵になりますし、スマートに決済するところが大人&あこがれ的なイメージがありますよね。私も、初クレジットカードが届いたときにはローマ字で書こうかと思ったものです。何となくかっこいいかなと(^^;)

もちろんそれでもかまいませんが、先ほどのとおり、ローマ字は日本語よりもマネされやすいことがあります。とは言え、それが原因でリスクがすごく大きくなるというわけでもありませんし、ローマ字でもOKです。

普通にローマ字を1字ごとに書いていくブロック体(活字体)でも、達筆な筆記体でも、どちらでもかまいません。

その他

その他

サインには、実は細かい規正はありません。その人自身が書いたサイン=署名が、クレジットカード裏面に定義できればそれで良いのです。実際にお店では、カード裏面のサインと、紙に書いたサインが同じか見るだけなので、なんでも良いのです(※とは言え、実際は見もしないことが多いです)。

先ほど漢字がマネされづらいと書きましたが、ひらがなやカタカナで書いてみるのもおもしろいかもしれません。その他、芸能人が書くようななんだかよく分からないような絵みたいなサインでもかまいません。

とは言え、特にこだわりでも無い限り、普通に漢字でサインするのが日本人にとっては書き慣れていて、一番良いとは思いますけれどね。

いざ記入する

規約を確認する

カードにサインをするということは、クレジット会社の規約に同意したことと同じになります。細かく書いてあるので大変だとは思いますが、できれば読んでみられることをお勧めします。規約を読むことは、契約書を読む際に活きますしね。

万一規約に同意できない点があった場合は、発行クレジット会社まで連絡しましょう(その場合、おそらく解約になるとおもいますが、、、)。

何で書くか

筆記用具は、油性のフェルトペン・マーカーペン(サインペン・マジックペン)か、ボールペンで書きます。水性のものは、消して新しく書き直すことが出来てしまうためNGです。

太さは、ある程度太さがある方が見やすいです。しかし、あまりに太すぎて、字が潰れてわからなくなってしまうほどだと、あまり好ましくありません。

逆に、ボールペンなどの超極細のものは書きにくいですから、ボールペンの場合は最低限の太さがあるものが良いでしょう。

結論としては、フェルトペン・マーカーペンの場合は細め、ボールペンなら太めがお勧めです。

色に関しては、特に何色で……というようにクレジット会社が指定しているのも聞いたことはないです。しかし、黒などの濃くて可読性の高い色にしておくのが間違いもありませんし、無難でしょう。

記入する

当然のことながら一回勝負です。カード裏面の「署名欄」とあるところに、集中して間違えないように記入しましょう。

注意点としては、クレジットカード券面は非常に滑りやすいことです。署名欄だけは特別な加工がしてあるように思いますが、それでも滑ることには変わりありません。特に、先の細めのボールペンの場合は極めて滑りやすくなるので気をつけましょう。

あとは、セキュリティコードが署名欄にある場合は、その数字部分にかぶらない方が見やすいかもしれませんね。

万一間違えたら

先ほどのとおり油性で書くものですから、もしも間違えた場合は取り返しがつきません。。実際問題、多少ならそのまま使ってしまう人も多いとは思いますが、気になる方はクレジット会社に連絡して、指示を仰ぐと確実です。

クレジットカードの基礎知識カテゴリTOP

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。