お金持ち御用達。ブラックカードでもおなじみのAMERICAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス)

アメリカン・エキスプレスはアメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.(国内においては日本支社)が発行するブランドです。主に富裕層をターゲットにしたブランドイメージが特徴で、他のカード会社とは一線を画すサービスが人気を博しています。インターネット上のコミュニティの盛り上がりをみると、こだわり&愛着をお持ちの所有者の方が多いようですね。

私が思う会社イメージ

やはり、その圧倒的なブランドイメージに尽きると思います。芸能人や有名人に所有者が多いことから、圧倒的なブランドイメージを誇っています。カードのデザインが素敵なこともその要因の一つなのかもしれません。

また、それ以外にもリターン・プロテクションやショッピング・プロテクション、オンライン・プロテクションなど、他社より一回り大きな安心もあり、そういった点も魅力の一つです。年会費はやや高めですが、そういったサービスや、T&E(トラベル&エンターテインメント)を利用する方にとっては、その年会費の元を十分取り戻せるだけのメリットがあるようです。

プラチナカード、ブラックカードで有名

アメリカンエキスプレスは、プラチナやブラックカード(正しくはセンチュリオン)を発行している事でも大変有名です。センチュリオンやプラチナは、基本的にインビテーションのみなので、センチュリオンを目指して日々カードを利用している方も多い事でしょう。なお、グリーンやゴールドは、通常のWEBサイトから申込みができます。

JCBの加盟店でアメリカン・エキスプレスが使える!?

2000年に、JCBとアメリカン・エキスプレスが、加盟店事業で業務提携をしました。これにより、JCBが使用できる所なら、アメリカン・エキスプレスも使用できる場合があります。日本最大の加盟店を誇るJCBですので、アメックスユーザーにはうれしいですよね。

JCBのみに加盟している店舗で使う前にはご確認を

ちなみに、加盟店事業で業務提携をしていますが、全てのJCB加盟店で使用できる訳ではありません。しかし、アメックスユーザーの方のお話によると、かなりの店舗で使用できるとの事(もちろん全国的にそうかはわかりません)。JCBのステッカーが貼ってあれば、使えるかを念のためたずねてみられるとよいでしょう。

T&Eカード(トラベル&エンターテインメント)

アメリカン・エキスプレスの最大の特徴は、やはりT&Eにめっぽう強い事。旅行や娯楽のお伴として、心強い味方になってくれるようです。

請求もAIR MAILで届く!?

アメックスは、外資系らしく、請求書もなんと海外から届きます(ビックリ!)。発送コストがどのくらいかかるのか、と思いきや、ほとんど変わらないで届けられるんですね。1箇所でまとめて作成した方が、印刷コストも安く済むのでしょう。

外資系らしいアメックスならではですね(ちょっと古いやつですが、利用明細書が入った封筒↓)。

アメックスからの請求書
アメリカン・エキスプレス(グリーン)のキャンペーン

アメックスのオフィシャルサイト入会キャンペーンページになります。どんな特典があるかはそのときどきで異なるため、下記リンクからご確認ください。


アメリカン・エキスプレス・カード ご入会キャンペーン実施中

代表カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

加盟店開放ではなく、本家アメックス内で年会費が最安クラスで持てるアメックスが、こちらのANAアメリカン・エキスプレス・カードです。

年会費は7000+税。安くないのでは!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、とんでもないです。アメックスグリーンでも、年会費は12000+税なのですから。保険や空港ラウンジ、その他アメックスの基本的なサービスが受けられて、この値段はかなり安いと言えるでしょう。

百人隊長(アメックスのプロパーカード券面にいる人物)のデザインにこだわりが無ければ、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは非常に良い選択肢と言えます。

審査的には一般カード扱いになるので、比較的作りやすいです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスと言えばこの百人隊長デザイン。アメックスの、最もベーシックなデザインのカードになります。以前はアメックスゴールドは富の象徴とも言えるクレジットカードでした。現在では、プラチナやセンチュリオンが登場したために、以前よりはだいぶ持ちやすくなりました。

プラチナ・センチュリオンと、育てていく楽しみもあるカードと言えますね。それらを目指すなら、グリーンよりも最初からゴールドが○です。

なお、グリーンとゴールド、取得難易度としては現在はそれほど気にしなくて良いです。グリーンは20歳、ゴールドは25歳くらいが目安ですので、好きな方を申し込むのがよいと思います。

会社概要

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc. 日本支社のホームページをご覧ください。
(http://www.americanexpress.com/japan/pa/pa_select.shtml

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード