店頭でクレジットカードを申し込む際の注意点など

よく店頭で、クレジットカードの募集をしている所があります。一般的に、店頭でクレジットカードを申し込むと通りやすい、、、という噂もネット上には根強い噂として存在します。(審査は変わらないとカード会社社員に明言された事もありますので、真偽の程は不明ですけれど)

ここでは店頭でクレジットカードを申し込む時の注意点をこっそり教えちゃいます♪

お客様をその場で落とす事もできる場合も!?

店頭での申し込みにおいては、その場のそのスタッフの判断において、不審人物と判断した場合、その場で審査に落とす評価をつける事が出来るクレジットカード会社もあります。

アルバイトが大半なのに、こんな権限を与えてくれるというのはすごいですよね。

もちろんNGなお客様であっても、当然その場でそうはご案内しません。(ってか言えません、汗)いつも通り「○週間程でカードの審査を進めさせていただきます。審査によってはご希望に沿いかねる場合もございますのでご了承下さい」……とそんなふうに言います。それ以外でも、不審な人がいたら付箋にその旨書いておいてと言われる事もありました。そんな注意人物にならないよう、注意してください。

注意人物とは?

明らかにカードを使ってくれない方。たまに店頭での入会特典が目当てで「すぐ解約しちゃうと思うけど良いんでしょ!?」なんてあっけらかんという人もいますが、これに当てはまります。

他には不審人物や危険な方(いろいろな意味を込めて)、帰国が決まっている外国人の方等も当てはまることがあります。

また、平日昼間に普通に勧誘に引っかかったのに、いざ申し込み時になぜか通帳・銀行のお届け印・身分証明等をフルセットで持っている人も注意してね、、と言われた事があります。(平日の昼間にフルセットで所持している人はまれだからです。)

上客だと思わせる事もできます

上の続きですが、カード会社によっては、落とす事もできるのなら審査に通らせる事もできるのでは……?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。結論からいいますと、もちろんそれは通常できません。審査は総合的に行われるべきことですから、可決させるには店頭の印象のみでは不可能です。

優良顧客候補とすることはできることも

しかし、審査に可決させることは出来なくても、審査にプラスの情報を回せることも、数は少ないですが存在することはあります。例えば、「このお客様は優良顧客候補」という情報を、クレジット会社によっては審査部にまわせるケースもあるんです。

カードを申し込む前の会話のやり取りの中に「この人はカードを発行させたらすごく使ってくれそうだ……」という事が伝わってきて、しかもお話しした際の人格も良い(良さそうな)方なら、良いランク付けをスタッフにより行う事ができる会社もあります。とは言っても、そのランクをつける明確な基準はなく、スタッフの印象なんですけれどね。

スタッフが評価をつけられるクレジット会社は、私の経験上では多くはありません。むしろ数えるほどですが、クレジットカード勧誘スタッフとトークするときは、感じ良くしておくいいかもしれません。

記入漏れなく書こう

これは多くのカード会社に当てはまりますが、クレジットカードを申し込む時、あんな事もこんな事も(笑)書いてくださいと受付スタッフに言われます。例えば年収とか、他社借入金とか、結婚しているとか、子供がいるとか、会社の電話番号とか。

こういうのを書きたくないという方が大変多いんです。「お客様に書いていただいてください」と研修の時指示されていますから、そのまま何も書かないで書類を提出してしまうと、そのスタッフがお客さんに書いてもらい忘れたとカード会社に勘違いされてしまうのです。そうすると怒られてしまうので、「○△■という理由でご記入されたくないとの事でした」と付箋をつけておく事になります。

カード会社も与信しづらくなりますし心証も悪いので、カードが欲しい方は隅々まで書いてあげてください。

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード