カードスタッフが選ぶ今が旬のおすすめクレジットカード

このページでは、私が知っているなかなかお得なクレジットカードをご紹介します。ページ内容は、他にいいなぁと思ったカードが出たときに更新していきます。
2014/06/01 更新

スイカがどんどん発展を続けるビューカード

今旬だなと思うが 「ビュー・スイカ」カード です。たしか登場したのが2000年前半くらい前だったかな?私も2003年くらい前からホルダーなのですが、最近のSuica普及には目を見張るものがあります。

2006年より、JR東日本が、JCB・UCとSuica取扱店舗拡大で業務提携をしました。これにより、圧倒的にスイカ加盟店が増える要因となっているようです。

VIEW Suicaの長所

自身のクレジット機能を使用してSuicaをチャージできる!

SuicaはJR東日本において、他社のクレジットカードでチャージをする事ができません。しかしVIEW Suicaなら、駅のATMコーナー「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で、自身のクレジット機能を利用してチャージする事が可能です。

特定商品はポイント3倍

スイカチャージやJR東日本の窓口での切符や定期券の購入はポイントが3倍つきます。これは1.5%還元と同等になりますので、利用される方にとっては大変お得です。

JRと他社の連絡定期券もVIEWならクレジット決済可能

通常は、他鉄道との連絡定期券はクレジットカードで決済できませんが、VIEWなら可能です。現在は他社カードもOKとなったようです。

全国の交通系ICカードと相互利用できる

当初はJR東日本だけだったのですが、2005年時点では、近畿地方で幅を利かせるICOCAとも相互利用が可能になりました。2014年現在では、さらに増え、Kitaca, Pasmo, Manaca, toica, pitapa, nimoca, sugoca, はやかけんとも相互利用できるようになっています。

・・・以上のようなお得があります。VIEW Suicaの年会費は477円+税ですが、Suicaを利用すれば簡単に元が取れるでしょう。

Suicaの今後

キオスクでもSuicaが使用できるお店ができていてびっくりした事がありましたが、今は当然になりましたね(^^;)。今後もさらにSuicaが使える所が増えていくんでしょう。小額決済はやはりSuicaや楽天Edyの方が、クレジットカードよりも断然便利です。今後もどんどん発展していっていくと思われます。

また平成18年度以降、パスネットやバス共通カードとの相互利用ができるICカードのシステム導入が決まっています。(もうなりましたね!)そうしたら、VIEW Suicaカードなら、私鉄でもJRでも間接的にクレジットカード払いができるスーパーカードになるでしょう。そうしたらすごい事ですよね!今後が楽しみなクレジットカードです。

「ビュー・スイカ」カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード