人気記事6ランダム表示: 

今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)

アコムは、日本を代表する消費者金融系に属するクレジット会社です。このサイトはクレジットカードに関するサイトなのに?と思われるかもしれませんが、実は同社は、今や消費者金融系では超貴重なクレジットカードも発行している会社なんです。

私が思う会社イメージ

例えパート・アルバイトでも、安定した収入があれば申込OK

こちらの会社は分類上は消費者金融系なので、ダイナースやらアメックスなどのあれやこれやと申込要件がつくクレジット会社とは異なり、要件がかなりシンプルです。

それは、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方。つまり、それに達していれば、正社員はもちろん、パート・アルバイトの方など、審査がちょっと気になる方も問題なく申し込めます。

キャッシングの与信は1万円から(MAX800万円)と非常に低額からあるのもメリットで、与信1万円からというすごさが分かる方にとってはとてもありがたいクレジット会社になると思います。ちなみに、枠の希望は自分で出せますので、大すぎを心配することはありません。

ACマスターカード

アコムは、Mastercardのプリンシパルメンバー(Mastercardが直にライセンスを与えている)であり、ACマスターカードを発行しています。

実はこれ、消費者金融系ではアコムだけと、超稀少です。逆に言えば、簡単にプリンシパルメンバーにはなれないという意味であり、それくらい、会社の規模や業務内容がしっかりしていると言えます。

上記リンク先を見ていただければ分かるとおり、カードフェイスも、マスターカードオフィシャルデザインのような見た目で、アコムのカードとはわからないようになっています。しかも年会費も無料で、審査も最短で即日とすごく早いです。

先ほどの通り、パートやアルバイトの方でも申し込めますので、銀行系や信販系のカードとの相性が悪かった人などの一枚目のクレヒスを作るカードとしても非常に魅力あるカードだと思います(後述しますが$マークもつきます)。

クレジットカードに落ちても、カードローンからクレヒスを積めることも

アコムでは先ほどの「ACマスターカード」の他、カードローン専用カードである「ACカード」も発行しています。説明の順番が前後してしまいましたが、むしろ後者の方が基本カードと言っても良いでしょう。

非常に興味深いのが、ACマスターカード申込時、ACマスターカードはだめでもACカードだけなら発行OK、という場合もあるのです。ACカードの方が与信の下限が低いということと、そもそもアコムはカードローンがメイン事業ということ等もあるのでしょう。

という訳で、クレジットカードが欲しい人にとっては、最初からACマスターカードに通ればそれでOK。落ちてしまっても、ACカードに通ればまだマスターカード取得へのチャンスが残されています。そのチャンスとは、クレヒス(社内実績)を積んでからの再チャレンジです。

アコムの優れたところは、ACマスターカードに落ちても、ACカードのローン利用で一定期間クレヒスを積み、その後改めてACマスターカードを再申請することができることです。つまり、2回のチャンスがあるんですね。このメリットは非常に大きく、他のクレジットカード会社ではそうはいきません。

クレジットカードには残念ながら届かなかった属性の方が、カードローンから始めて、半年後にACマスターカードに通る……というシナリオは普通にあります。それは、「この人はきちんと使って返してくれる人なんだな」と思ってもらえる=利用実績によって信用力が高まるからです。もちろん1度でも延滞したら逆に不利になりますから、支払期限は何があっても守る努力は必要です。

両方に$マークもついて、クレジットヒストリー作りにも

ACマスターカードがお目当ての人で、無事ACマスターカードが通った場合、アコムの場合は裏技(?)があります。

ACマスターカードにはカードローンが必ずついていますが、クレジットカードの契約と、カードローンの契約が、個人信用情報機関には別契約として付くのです。

どういうことかというと、アコムは延滞なく支払った履歴である$マークがつけられますので、両方使えばそれぞれに$マークがつく。つまり、$マークが2倍つけられるという、うれしい特徴があります。

アコムのACマスターカードを申し込む人の中には、クレヒスが少ない方や、2枚目に流通系カードなどを申し込むためのステップとして作る方も多いと思います。

$マークを量産し、より多くのクレヒスを作るために、ショッピングとカードローンの両方をうまく使うのは、良い手だと思います。

というわけで、クレヒス構築用のカードが一枚も無く、クレヒスが積めない方にも有用なカード。消費者金融系というカテゴライズが気にならなければ、最初の一枚目作成をがんばっている方の修行系クレジットカードとしてお勧めですACマスターカード

大手企業:三菱UFJフィナンシャル・グループ

アコムは銀行系の三菱UFJフィナンシャル・グループに属していますので、実は業界最大手クラスです。アコム自体は、銀行系ではありませんが、母体も含めて考えると業界TOPクラスの信用力があります。

acomって何の略?

Affection(愛情)、Confidence(信頼)、Moderation(節度)の頭文字から作った造語らしいです。

会社概要

アコムのホームページから引用(2016年6月13日時点)。最新情報は↓をご覧ください。
(http://www.acom.co.jp/corp/philosophy/overview/)

  • 会社名:アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)
  • 創業年月日:昭和11年(1936年)4月2日
  • 設 立:昭和53年(1978年)1月25日
  • 資本金:638億3,252万円
  • 親会社:三菱UFJフィナンシャル・グループ

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

VISA発行会社の中で一番の会社は!?

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカードが最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも最大Wで付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

サイト内記事:今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)