現場では実際にどんな人が勧誘してるの?

そこいらにいるクレジットカードの勧誘スタッフとは、いったいどんな人なのでしょうか。当然クレジット会社の社員じゃあないのかって!?いえいえ、一見そう見えるかもしれませんが、実はそうでないことも多いです。

私が関わったケースでは、そのクレジットカード会社の社員の場合はむしろほとんどなく、その実態は大部分がアルバイト、ということも珍しくないのです。

大抵はアルバイト・派遣

アルバイトは、自社スタッフと外部スタッフがいる

単にアルバイトと言っても、さまざまです。クレジット会社直で来ている自社のアルバイトスタッフもいれば、 大手の派遣会社に登録しているアルバイトスタッフ、クレジットカードのキャンペーンを専門に受付する会社のアルバイトスタッフもいます。

現場は様々ですが、責任者としてクレジット会社の社員が現場にいる場合もありますが、いても数人。実際はほとんどいないですね。見渡すと、本当にアルバイト、特に派遣会社の人ばっかりです(笑)

もちろん、アルバイトでも、きちんとした研修を受けてます

もちろんアルバイトの場合でも、お客様から見れば同じクレジット会社のスタッフです。お客様から問い合わせがあった時は、あたかも正社員のごとくきちんと対応しなくてはなりません。そのために、基本的には数時間の事前研修を受けています。(受けてないとまずいですが、でもたまーに受けない場合もあったりします(汗))

そういったアルバイトの方達も、言葉は悪いですがピンキリで、クレジットカードについて全く無知の方も中にはいます。というか、そういう人が多いです。

ある会社の研修に行ったときに、「この中でクレジットカードを持っている人は手をあげてください」といった時に、10人前後中、私だけだったときがありました。クレジットカードを使った事のない勧誘スタッフもたくさんいるんですね(笑)。つまり、なろうと思えば知識なんて必要無く、誰でもなれる仕事です。

実際私もそうでしたが、仕事をしながら、クレジットカードについて詳しくなっていく……という形です。

どんな勧誘スタッフが多いの?

基本的にはカードの事があんまり詳しくない20代前半の若い女性が多いですね。どこへいっても女性の比率が高いことが一般的です。多分キャンペーンっぽく、見た目が華やかだからでしょう。

そのためエロオヤジや酔っ払いにからまれたりする事も多々あります。また、見せてくれとも言ってないのにゴールドカードやミニカードを自慢見せていただいたりもします(笑)

おば様はつわもの揃い

スタッフの年齢層は現場にもよりますが、特に流通系のクレジットカード勧誘の現場では、おばさまスタッフも多数います。そのような方は総じてつわものが多いです。みなさんも、どこかでクレジットカードの勧誘にあった時に、そのような方だったらちょっと注意が必要ですよ。やっぱり見た目も含めて言うことに説得力があるのか、非常識なほどすさまじく獲得する人もいます。

本当にトークが上手な方が多いので、、、私も普通のお客さんだったら申し込んじゃいそうと、思います(笑)

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。