クレジットヒストリーを作るための、1枚目の私のお勧めクレジットカード

クレジットヒストリーを作るためには、絶対に1枚はクレジット契約が必要です。クレジットヒストリーを付けたいけれど、そもそもの手持ちが無いからどうしようもない!という方に向けた、私のとっておきのお勧めカードをご紹介します。

私のお勧めの基準としては、以下を重要視しており、それが問題無いカードのみをご紹介します。

  1. 申し込み対象が広い(パート・アルバイトの方等も申し込める)。
  2. $マークがつく(クレヒスがない人にとっては重要な要素となる)
    ※$マークが付くという情報は、自身または知人の体験談を始め、複数の投稿情報を元にしています。ただし、改悪などによる変化も考えられますし、未来永劫$マークが付くことを補償することはできないので、自己責任でお願いしますm(__)m

個人的お勧めクレジットカード

その時その時でこっそり更新しています。(時期により変化する場合がありますので)last update 2016/7/1 (内訳:クレジットカード3枚)。

とにかく1枚目のカードを作るという意味では圧倒的お勧め。アコムACマスターカード

アコムは、申込みの門戸が広い消費者金融系での、唯一のクレジットカード発行会社です。パート・アルバイトをされている方も問題無く申し込めることはもちろん、1枚目のクレジットカード作り&クレヒス作りにも適しています。

まず予備知識として、アコムはクレジットカードとカードローンを同一の会社で提供しています。「カードローン+MasterCard付き」のACマスターカードが無理だったとしても、「カードローンだけ」のACカードなら審査OK……というケースもあるのが特長です(一応、本人確認の電話時に、「ACマスターカードが駄目な場合はカードローンだけでも発行希望」と伝えておくと確実です)

カードローンは与信が1万円(〜最大では800万)からと超低与信からありますので、他社含むクレジットカードと比べて審査が異なるのです。クレジットカードは大抵与信が10万以上ですから、審査が違って当然ですね。

とうわけで、申し込んだ結果、最初からACマスターカードが通ったらそのままクレヒスを積めますのでOK。

もしもカードローンのみOKという場合でも、カードローンで数ヶ月クレヒス(社内実績)をつけた後に、アコムACマスターカードの発行をお願いすることにより、マスターカード付きカードを取得できる可能性が高まります。こんなことができるのは、アコムならではです。

Wでクレヒスをつけられる

なお、クレヒス作りについても優秀なポイントがあります。アコムは、(クレジットカード)のショッピングと、カードローンは信用情報上では別契約となり、別々に$マークがつきます。ですから、両方使うと$マークが2倍。

クレヒスが少ない人など、うまく使えばさらに効率的に$マークを量産することができるでしょう。ACマスターカードが通っても、あえてショッピングとキャッシングの両方を使う価値があるんですね。

作りやすさとクレヒス構築の両方を兼ね備えているので、1枚目の取得を頑張っている方にはお勧めできます。

なおアコムACマスターカードおよびカードローンの年会費は無料。カードフェイスはアコムのカードだということが分からないようなデザインになっています(裏面には小さくカード発行会社の記載がありますが、表面にアコムの表記はありません)。

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員の大企業ですから、信頼性は非常に高く、安心して使えます。審査も早いので、すぐにクレヒスをつけたい方にも良いです。アコムでクレヒスをつけて、半年〜1年してから他の本当にほしいカードも作られると良いでしょう。

[アコムACマスターカード⇒国際ブランド:MasterCard付き。]

セディナJiyuda

アコムよりはハードルが上がりますが(と言っても、アコムが特別なだけです)、流通・信販系のクレジットカードの1枚目として、トップクラスにお勧めできるカードです。

セディナはたくさんのクレジットカードを発行していますが、中でもこのJiyudaを最も強くお勧めします。もちろん、パート・アルバイト等の方でも問題ありません。18歳以上で電話連絡が可能な方でしたら申し込み可能です。

支払額が自由に決められるカード

本カードは、支払いを自由に決められるカード=リボ払いが初期状態のカードです。毎月の自由に使えるお金がある程度決まっている人にとっては好都合かもしれません。初期設定では、毎月の支払額は、最大で2万円まで設定可能です。

ですが、1回払いが良いという方は、申込時はとりあえず最大の2万円で登録しておき、その後ネットから「全額支払い」に変更すると良いでしょう。

コンビニ払い可

セディナJiyudaはコンビニでも支払いができるめずらしいクレジットカードです。個人的には口座引き落としの方が払い忘れが無くて良いと思いますが、人によってはうれしいかもしれません。

カードの特典

200円につき1ポイントの還元があります。

また、本カードはOMCブランドも付いていますので、 全国のセブンイレブン、イトーヨーカドー、イオン、ダイエーで1.5%ポイント還元(2016年11月現在)です。ダイエーやイオン以外にも、グルメシティ・トポス・フーディアムなども対象です。

毎月の料金の支払いに使用して、クレヒスを付けよう

本カードを作ったら、携帯電話や公共料金などの、毎月発生する支払いにJiyudaカードで支払い、毎月の利用実績(クレジットヒストリー)を作られると良いでしょう。

もちろん、その他通常の買い物にも問題無く使えます。

年会費は永久無料、また、国際ブランドはVisa/MasterCard/JCBから選べますので決済性が良い&ブランドを選択できるメリットがあります。

[セディナJiyuda ⇒国際ブランド:Visa/MasterCard/JCB付き。]

「ビュー・スイカ」カード

アコム&セディナJiyuda!よりはハードルがあがりますが(それでも取得はしやすいです)、 「ビュー・スイカ」カード もかなりお勧めできます。

なお、「ビュー・スイカ」カードは個人信用情報機関がCICしか見ない珍しい会社です。JICCや全銀協の信用情報に多少の不安のある方は、選択肢に入ると思います。(もっとも、JICCや全銀協に明らかな延滞がある場合は、情報共有されてしまっていますから意味がありませんけれど)

年会費は477円+税と低額で、こちらもパート・アルバイトをされている方も問題無く申し込めます。また、$マークがきちんとつきまので、クレヒス作りにも適しています。

ただし、実質JR東日本のクレジットカードですので、東日本在住の方で無いとメリットも薄く、取得は厳しいかもしれません。

ビックカメラをお使いになる方ならこちらでも

関東はもちろん、関東以外の方でもビックカメラをお使いになる方なら、 ビックカメラSuicaカード もお勧めです。こちらも同じ会社のカードなので、取得のハードルはほぼ同じです。

実はこちらの方がビックカメラのポイントもプラスで貯まる分、通常のビュー・スイカよりもポイント還元率が0.05%高くなります。通常はビックカメラでクレジット決済するとポイント還元率が下がりますが、本カードではそれがありません。また、年間一度でもクレジットを使えば年会費無料といたれりつくせりです(ビュー・スイカ持ちの私も、今申し込むならこちらにしたいです)。

ビックカメラをお使いになる方は、問答無用にビックカメラスイカの方が、ビュー・スイカよりも条件が良くなります。ただし1点だけビュー・スイカと比べてのデメリットとして、キャッシングができないということと、定期券と一体化がきませんのでご注意ください。

「ビュー・スイカ」カード・ビックカメラSuicaカード共通:上手なクレヒスの付け方

これら2枚のビューカードでクレヒスをつけるためのベストな利用法は、首都圏Suica・PASMOエリアおよび新潟・仙台エリア限定になってしまいますが、Suicaのオートチャージです。

改札を入るときに、一定の金額以下になった際、一定の金額を自然にチャージ可能です。しかもその際のポイント還元率は3倍の1.5%になります。電車をよく使う方なら自然にクレヒスを積み重ねられる点と、ポイント還元の両面において非常に良いカードになります。

[ 「ビュー・スイカ」カード ⇒国際ブランド:VISA/JCB/MasterCard付き。]
[ ビックカメラSuicaカード ⇒国際ブランド:VISA/JCB付き。]

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード