クレジットカードの審査ってどんなことをしているの?

クレジットカードは、入会申し込み時に必ず、クレジット会社による審査があります。これに通らない限り、クレジットカードが発行されることは決してありません。ではその審査とは、いったいどんなことをしているのでしょうか?

審査に通るようになるためには、当然、その基本的な仕組みを知らないといけません。

審査内容や判断基準は各クレジットカード会社によって多少違いますので、一概に「全てこう」とは言えませんが、審査項目・方法の基本的部分はおおよそ同じです。それら審査の基本についてを、本ページでご紹介していきたいと思います。

審査は、信用を与える事(与信)ができるかいなかが基本

クレジットカードは、信用カード(Credit Card)です

そもそもCreditCardとは、Credit=信用ですから、直訳すると信用カードの事。わかりやすく言い換えれば、会員の信用でお金を立て替え払いしてくれるカード、という事です。

したがって極論を言えば、審査の可否は「お金を貸せるだけの信用を申込者に対して与えられるか否か」ということと言ってもいいでしょう。

それでは、どのようにしてクレジットカード会社は、申し込みした人の信用度合いを審査・判断するのでしょうか。この審査に関する項目は、大きく分けて3つあります。

  1. 申し込み内容のスコアリング
  2. 人為的な判断
  3. 個人信用情報機関に登録された情報

これから、一つずつ順番に解説していきます。

1.申し込み内容のスコアリング

クレジットカード会社は、申込書の内容を基に、その人の社会的地位や、年収、虚偽がないか等を判断しなければいけません。

しかし、大量に押し寄せて来る申し込み内容を、審査担当者が一点一点確認&判断していくというのでは、とうてい間に合いません。今やインターネットで24時間、どこからでも簡単に申込できてしまいますからね。

また、人が審査することによって、担当者によって判断にぶれが生じてしまうという問題が発生してしまうのです。

それらの問題を解決するために、今日ではコンピューターによる自動スコアリングシステムが広く採用されています。スコアリング=採点ですので、点数付けをするためのシステムとお考えください。

採点には、○○なら○点といった、コンピュータが処理しやすい方法で行われます。例えるなら、勤続年数が1年未満なら○点、勤続年数が10年以上なら○○点といった具合ですね。

申し込み者が申請した内容を、あらかじめ用意された採点表を基にスコアリングしていきます。申し込み内容一式をスコアリングすると、合計の点数がはじき出されるという具合です。

その合計点数がある得点以上なら次の審査へ、それ以下であれば否決、特定の条件が成立すれば人が精査する、といったように判断します。一部のカード会社では、ほぼこの審査だけで可否の判定をしてしまう会社もあると考えられます。

スコアリングは、コンピューターが処理するので、ほぼ一瞬で計算可能。しかも人と違って決して間違いをしません。これにより、大幅に審査を短縮でき、制度も高まるのです。

もちろんそこら辺の詳細は、各社ブラックボックスなので、カード会社によって異なってきます。このスコアリングの点数表も各社異なります。この辺の“味のつけ方”が、各社の審査の癖となって表れてくると言えるでしょう(相性というのも、こういうところからくるのだと思います)。

スコアリングされる項目

以下、スコアリングされる項目の例を挙げます。各項目がどうスコアリングされるか、つまり審査への影響度合いは、先ほどのとおり各クレジットカード会社でそれぞれです。その情報は、残念ながら会社内のごくごく限られた人でないと、知る事ができません。

ですが、何が良くて何があまり良くない、というのは、大抵はどこのクレジット会社も同じですので、参考になると思います。

お勤め形態

基本的に、安定性の高い働き方が高得点とされます。

公務員

定説として、最も安定性の高いのが公務員。食いっぱぐれが無い、リストラの可能性も低い、住居手当などの福利厚生が大きい=年収に対して使えるお金が多い….…などなどの理由により、信用度(スコアリング)が高いです。公務員の方は、過去にクレジットの延滞がある等の場合を除き、カードが通らないことはほとんど無いでしょう。

会社員(正社員)

一般企業の正社員は、お勤め先の規模によって変わってきます。零細企業よりは上場企業の方が当然信用度が高くなります。上場企業であれば、公務員同様高得点となるでしょうが、零細企業でも特に何らかの問題が無ければ無難にカードを作れることは多いです。

なお、大手企業の(雇われ)経営社は、どちらかというとこの会社員に近いと思います。

オーナー経営者・自営業・自由業

会社のオーナー経営者・自営業・自由業の方は、職種や、後述する勤続年数(経営年数)や年収も大きく影響してきます。特に、職種による違いは顕著です。医者や弁護士等の国家資格が必要なものなら信用度が高くなるでしょう。

会社経営者等も、一見信用が高そうですが、一概には言えません。例え年収が1000万円あっても、経営1年ではたいした信用にはならないでしょう(会社は5年で8割潰れますので)。

基本的には、勤続・経営年数が短ければ、年収が高くても信用されづらいです。長くなってくると、信用されやすくなると言えるでしょう。

勤続・経営年数が少なくても、アメックス等、経営者や医者や弁護士などの職業を優遇していると思われるカード会社もありますけれどね。

パート・アルバイトや契約社員、派遣社員

パート・アルバイトや契約社員、派遣社員の方は、比較的作りづらいですが、会社にもよります。アコム(サイト内記事)楽天(サイト内記事)などであればそれらの方々も問題無く作れることが多いです。

不動産所得者

所得が一定以上(100万〜200万程度)あれば、大抵は問題ありません。それ以上になればいわずもがな、です。

主婦

一部主婦の方の申込を制限している上級カードもありますが、普通に申込みできることが多いです。ただし、旧姓時代に延滞があった等の場合は、大抵カード会社にばれてしまいますので注意です。

学生

ある意味、最強の職業です。信用情報に問題がない限り、他の項目はお構いなしに大抵は作れます(うらやましい!)。

無職

一番NGなのは、無職です。これでは、他に安定収入があること、または資産があることを証明できない限り、ほぼ確実に通りません。一応クレジットカードの申し込み資格は、安定した収入のある方という注意書きがありますので。

勤続年数

勤続年数(または営業年数)は、長く働いていればそれだけ有利になります。一般的には一年以上の勤続年数があれば、あまり問題にはならないでしょう。もちろん、入社直後でも通らないという事ではないですけれど。(新社会人の方は特に)

ただし、自営業・自由業者や会社の経営者の場合、できれば3年以上は欲しいところです。理由は簡単、先ほども触れましたが、事業は数年でつぶれる可能性が非常に高い時代だからです。

ただ、アメックスなら1年目でもチャレンジしてみる価値はあると思います。

年収

高ければ高いほどいいですが、勤続年数や年齢との兼ね合いもあります。特に自営業・自由業者や経営者は、勤続年数が足りないと信用を得られません。

年齢

これは、当カテゴリで後述する、個人信用情報機関の登録状況との兼ね合いも影響します。簡単に言えば、例えば20代前半の若い方の1〜2枚目のカードならまずまず、、30代以上の方で始めてのカードだと、ちょっと通りにくいかもしれません。

というのも、過去にブラックリスト状態があり、それが解消された際には信用情報が真っ白になるのですが、今までクレジットカードを申込みした事が無い場合も同様だからです。

その状態を審査時にチェックされて、「30歳を過ぎて真っ白なのは可能性としては少数派、もしかしてブラック状態だったのか?」と疑われる可能性があります。

それらを考慮しなければ、60歳くらいまでは問題無く作れます。それ以上になると、絶対無理とまではいきませんが、年齢が上がるほどに作りづらくなります。

居住年数

こちらも長ければ長い程点数が高いです。同じ所に長く住んでいれば、お金を借りてそのまま逃げられるリスクが減るという事でしょう。加えて、「家族と同居している」、「持ち家」ならば、さらにスコアリングが高くなると思われます。

他社借り入れ OR 無担保借り入れ

もちろん他社で借りていない方が良いとは思われますが、その判断は会社にもよると思います。クレジットカード会社の利益の大きな柱は、会員によるショッピングの手数料だけではなく、キャッシングやカードローン、リボの手数料もあります。きちんと返済さえしていれば良し、という判断をする会社もあるでしょう。

とは言え、借り入れが無い・もしくは少ないにこした事はないとは思います。

なお、自分で申告する他社借入額は、嘘を申告していはいけません。個人信用情報機関を見れば、残高も簡単にばれてしまうからです。

電話

固定電話が最も望ましいですが、今日においては携帯電話やPHS(あんまり聞かなくなりましたね(汗))でも問題ありません。携帯電話・PHSの普及しはじめは、それらは信用度が低いとされていましたが、ここまで普及していますので気にしなくていいでしょう。

ちなみに、電話連絡が取れない場合、基本的にはクレジットカードは作れないことが普通です。

オンライン申し込みでのお話

今日では、オンラインでクレジットカードを申し込むことが一般的になりました。これにより、(例え簡易的にでも)スコアリングしやすくなっています。

プログラムを組めば、オンライン申し込みを送信した際、そのまま簡単にスコアリング(またはそれに準じるチェック)をして、ある基準未満の人を門前払いにする事だって可能となります。昔はオペレーターが申込書から手入力していましたが、大変だったでしょうね。

個人的な話ですが、申し込みボタンをクリックしてから、あっという間に発行不可の旨のメールがくる会社がありましたが(涙)、この様な感じのシステムを利用している可能性が高いと思われます。

信用情報もシステムで

個人信用情報機関の状態も、システムから自動で引っ張ってくることも可能です。このあたりがスコアリングで使われているかの確実なソースはありませんが、システムの合否判断に使われている可能性は十分あると思います。

2.人為的な判断

十人十色のクレジットカードの申込内容は、機械的なシステム審査だけで全て正確な判断ができる訳ではありません。申込内容を直接見て、人が審査をする事も当然あります。

例えば、とある情報によると某カード会社では、合格判定が既にでていたとしても、必ず上席の社員が申込み内容に目を通すといいます。もちろん、そこで何らかの問題があれば、審査に落ちる可能性もあるわけです。

いつの時代になっても、全て完全にコンピューターで自動化できる訳ではないのでしょう。考えてみれば当然かもしれませんね。

ただ、一部の先進的なクレジットカード会社では、この項目を省き、システムによる自動審査をメインに可否を決めてしまっていると思われる会社があります。

楽天カードやYahoo!ジャパンカードなど、真夜中でも数分で審査結果がでている状況を考えると、その可能性は高そうです。その代わり、発行した後の途上審査を厳しくし、後から利用者を選別しているようです。

3.個人信用情報機関に登録された情報(クレジットヒストリーのチェック)

適正なクレジットカード利用ができるように、私たちのクレジット利用履歴は、個人信用情報機関というところに蓄積されています。簡単に言えば、これはクレジットヒストリーと呼ばれるものですね。

その情報を見れば、何枚クレジットを契約しているかや、延滞情報、過去2年間の支払い状況などが簡単に分かってしまいます。

クレジットカード会社は個人信用情報機関に登録されたそれら情報を大いに参考にし、総合的に、信用を与えられるかを判断します。

例えば、過去に致命的な延滞(例えば3ヶ月以上に渡る延滞)をしていることが分かれば、その時点で否決される可能性が高まります。そこまでで無くても、延滞が多い人は、「この人は延滞が多くお金にルーズそうだから、うちのカードを発行しても延滞されるリスクが高いな」といった感じで落とされることもあるのです。

逆に、適正な枚数のクレジットカードを長期保有していることが見て取れる場合や、延滞が無い場合は、「この人はちゃんと支払いをする人だろうから大丈夫そうだな」ということになるのです。

こちらはボリュームが大きいので、詳しくは事項、個人信用情報機関とはで解説しています。

ヤフーオークションなどである、絶対カードが作れるといった情報について

よく、「信用情報がブラックでも作れます!」等といった情報がヤフーオークションで販売されていますが、それはどういう事なのでしょうか。もちろん私自身はそういう情報を買った事がありませんが、予想はつきます。
大方、海外発行のクレジットカードか、東京スターデビットカード、SURUGA VISAデビットカード等の事でしょう。藁にもすがりたい気持ちもわかりますが、そんな情報にはお金を払う価値はないです。審査を制するには、まじめな知識が必要です。

1枚目のクレヒス構築用がどうしても必要な方はアコムがお勧めです。正社員はもちろん、パート・アルバイトなども審査対象。

クレジットヒストリーを作るための、1枚目の私のお勧めクレジットカードの記事を読む

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード