高齢者(60〜65歳以上)の方はクレジットカードが作りづらい!?

クレジットカードは下は18歳以上から申し込めるのが一般的です。では、上は!?実は、クレジットカードは何歳まででも作れるわけではありません。一般的には、だいたい50代後半〜60代くらいから少しずつ作りづらくなっていき、65歳〜70代になると、かなり厳しくなってきます。80代だとほぼ100%新規では発行されないと思われます。

本ページでは、年齢が気になり出す65歳から70歳くらいの方向けに、クレジットカードの取得&審査について考えてみたいと思います。※便宜上、ここでは一つの大きな節目である65歳としてご説明します。

なぜ、高齢になるとクレジットカードが作りづらくなるのか

まず最初に、なぜ高齢になるとクレジットカードが作りづらくなるのかを考えてみましょう。原因を理解することで、なるほどと納得がいくこともあると思いますので。

主な収入源が年金になる

このくらいの年齢になると、そろそろ現役を引退し、収入源が年金に移行するころだと思います。年金は、普通に働くよりも収入が下がることが一般的です。したがって、支払い能力が下がることになり、その分クレジットカードの審査も厳しくせざるを得ないのです。

一般的に、クレジットカードを所持するためには年収100万円、できれば200万円以上がほしいところです。しかし、年金でそれ以上になっている人は、私の経験上あまりいません(私の現場経験が偏っている可能性もありますが……)。まずこの点が、大きな理由の一つです。

Life Time Value(顧客生涯価値)の減少

マーケティングの世界では、Life Time Value=顧客生涯価値という考え方があります。よく使ってくれれば限度額が増え、ポイントも得られ、顧客満足度も増える。その満足度により、生涯にわたって利益に貢献してくれる……という考え方です。

クレジットカードは、一度所有して、満足していれば、長期間保有します。したがって、20代〜30代のユーザーであれば、生涯価値は長くて数十年あると考えられます。例えば、年間100万円使うお客がいたとしましょう。その場合、利用料金の手数料が例え3%だとしても、年に3万円クレジット会社は儲かります(それだけではありませんが、細かいことはここでは置いておきます)。そう計算すると、もしも50年使ってくれたら、150万円の利益にもなるのです。

しかし、65歳を超えてくると、平均寿命を考えても15年強、しかも、年金収入にさしかかるころで、消費にも限界があります。もちろん、それまでにたんまりと蓄えがある人も多いとは思いますが、そうでない人もたくさんいるでしょう。つまり、Life time Valueがどうしても下がってくる。なのでどうしてもリスクも考慮すると、審査を厳しくせざるを得ないのです。

65歳以上にお勧めのクレジットカード

とは言え、65歳でもクレジットカードを作れないというわけではありません。事実、私もクレジットカード勧誘スタッフとして、年金収入のお客様をお断りしろと指示されることもありませんし(無職の方は断るように言われています)、高齢の方でクレジットカードを所有している人もたくさん見てきています。特にスーパーでは、年金属性で申し込む方は多いです。

普通に、作りやすい会社を

クレジットカードの審査は、会社によってかなり幅があります。必ずしもそうとは言えませんが、パート・アルバイト等に門戸を広げているクレジット会社が、ここでも有利な可能性はあります。

パート・アルバイトも申込可の私のお勧めクレジットカードのページでご紹介しているカードも良いと思います。特にスーパーで勧誘しているような、流通系のカード(イオンカード等)は個人的にお勧めです。先ほどのとおり、スーパーでは年金属性で申し込む人が多いため、そういった方にも許容があると推測されるからです。

個人的には、80代の年金暮らしのおばあちゃんに申し込んでいただいたこともありましたしね。

65歳以上の方限定カード

クレジットカードの中には、65歳以上限定……などと、高齢者の方限定のクレジットカードも実はあります。そういったカードであれば、クレジット会社が想定する“メインターゲット”になるため、高齢の方もチャンスがあるはずです。

私が知る限りで、高齢者の方専用のカードは、ビューカードが発行する、大人の休日倶楽部ジパングカードです。このカードは、年会費は4285円と高いですが、新幹線を含むJR東日本線・JR北海道線の長距離切符が、30%割引になります。

つまり、ある程度貯金と時間があり、旅行が大好きな、ちょい富裕層をターゲットにしているのです。ちょい富裕層以外にとっては年会費も高いカードではありますが、65歳以上(女性は60歳以上)の方で、クレジットカードが欲しい方にはありだと思います。

1枚目のクレヒス構築用がどうしても必要な方はこちらをお読みください。正社員はもちろん、パート・アルバイトなども審査対象です。

クレジットヒストリーを作るための、1枚目の私のお勧めクレジットカードの記事を読む

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード