特典狙いの短期解約の繰り返しに注意!

「クレジットカードを申し込むとキャッシュバックがあるから定期的に申し込んで、解約する」「特典がもらえると勧誘されたけど、よく考えたら必要ないからすぐ解約することが多い」

じつは、こういった人は一定数存在します。私のまわりにも複数いますが、特に悪気があるわけでは無いことが多いんですね。しかしこれ、クレジットカードの審査に悪影響を及ぼしてしまうことがあるのです。

短期解約がいけない理由

まずは、なぜ短期解約がいけないのか、その理由を説明したいと思います。

企業は、顧客獲得にお金を投資している

クレジットカードを申し込むと、大抵の場合特典があります。今では初年度年会費無料というのはあたりまえ。数千円のギフトカード等、金券のたぐいがもらえることも多いです。

もちろんこれは、単純なサービスで行っているのではなく、後の利益のための投資なのです。広告宣伝費を投資してでも新規の顧客を獲得して、その結果クレジットカードを使ってくれればクレジット会社は儲かります。そのために、一時的に損してのちの得をとっているんですね。

1人の顧客を獲得するのに、5000円とか1万以上出す会社も珍しくありません。そんな投資をして獲得した会員が、1ヶ月で解約されてはクレジット会社としては当然損失となるわけです。

信用情報を見れば、短期解約はバレバレ

実は、クレジットカードを解約すると、個人信用情報機関には、契約されていた情報が5年間残ります。また、そこには契約開始日&終了日も掲載されているため、短期解約の事実が5年間、残ることになる。つまり、その間申込をするクレジット会社にバレバレとなります。

これが1〜2件程度のわずかな数であれば、特に問題はありません。ですが、短期解約の信用情報が多数載っていたら、どうなるでしょうか。

短期解約ブラックリスト状態

答えは簡単です。クレジットカードの審査に通りづらくなります。

先ほどのとおり、クレジットを利用してもらって収益を得るのがクレジット会社です。短期解約をする人を、クレジット会社は入会してほしいと思うでしょうか。

短期解約がてんこ盛りの信用情報をクレジット会社側からみたら、「この人はいろんなクレジットカードを作ってすぐ解約しているな。うちのカードもすぐ解約されそうだ」と思われてしまうのです。

これを、便宜上「短期解約ブラックリスト状態」と呼びたいと思います。正式にそういった名称があるわけでは無く、分類上の名称ですのでご注意ください。

もうすでに短期解約をたくさんしてしまっている場合

すでに短期解約をたくさんしてしまっている場合は、先ほど書いたように5年残ります。すでに解約して5年凍結が確定している信用情報を消すことは出来ません。ですので残念ながら、消える時が来るまで待つしかありません。

短期解約ブラックリスト状態にならないための対策

短期解約は控える

これは、最も確実で曖昧な対策です。何社から「短期解約ブラックリスト状態」と言えるかは、「多重申し込み」と同じで定義がないからです。

目安としては、なるべく半年以内の解約は控えましょう。それ以前の解約はもってのほかです。最近のクレジットカードは、大抵は初年度の年会費が無料になっているはずですし、そうでない場合でも、年会費がかかるのは2年目からです。次の年会費がかかる少し前までは、カードを解約せずに保持しておきましょう。

1年弱の解約が多いのも、やや注意

明らかな短期解約まではいかなくても、1年弱の解約ばかりが信用情報にたくさんついているのも考え物です。客観的に見れば、初年度年会費無料カードで、年会費がかかる前に解約しているんだな、と思われてしまう可能性があるからです。

常識の範囲かどうかが目安

いろいろと書きましたが、クレジットカードの審査担当者から見て、常識の範囲に見えそうであれば良いのです(逆に言えば、目立たなければ良い)。「短期解約ブラックリスト状態」だけが原因で審査に否決している人は、それほど多くはないはずです。大抵は、他の原因との兼ね合いで落ちることの方が多いことでしょう。

頭では考えずに、そんな事があるという知識をもって、あとは特典目当てを控えるくらいで良いと思います。あまり神経質にならなくてもいいと思いますよ。良いカードを見つけたら、自然と長期間保有したくなるものですから。

おまけ:現場では、特典狙いで何度も申し込もうとする人も

ここからはおまけです。クレジットカード勧誘の現場では、時にはとんでもないお客様がまれにいます。

毎日申し込みに来られる方

勧誘現場では、その場で申し込みの特典を差し上げることが大半です。それを利用して、毎日申し込みにこられるお客様もいます(^^;)。もちろんスタッフ内のブラックリストになるわけで、そのお客様が来られたときには、「すでにお申し込みいただいておりますよね」と対応することになります。

しかし、スタッフもアルバイトなので毎日固定では無く、いろんなスタッフが対応しますし、キャンペーンブースが複数存在する現場の場合は、ブース巡りをされる可能性もあり、穴を突かれてしまうことがあります。

いかにもな方だけで無く、まじめそうな方の場合もあり、びっくりしてしまいますが、本当にいろいろな方がいるものです。

1枚目のクレヒス構築用がどうしても必要な方はこちらをお読みください。正社員はもちろん、パート・アルバイトなども審査対象です。

クレジットヒストリーを作るための、1枚目の私のお勧めクレジットカードの記事を読む

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード