セディナ(Cedyna)三井住友フィナンシャルシャルグループ

セディナは、 株式会社オーエムシーカード、株式会社クオーク、株式会社セントラルファイナンスが合併した会社です。(オーエムシーカードが存続会社)

三井住友フィナンシャルグループのクレジットカード会社の一つとなります。

私が思う会社イメージ

先ほどのとおり、存続会社はOMC(オーエムシーカード)なので、OMC時代の情報は、当サイトのブランド紹介ページ内のOMCのページをご覧ください。

3社が合併して作られた会社なので、旧ブランドのOMC、CF、クオークのカードもセディナとして発行されています。ちょっとややこしく、似たようなカードがたくさんあるので選ぶのが難しいような印象があります。

流通系?信販系?

OMCは流通系のクレジットカード会社でしたが、セントラルファイナンスや、クオークなど、信販会社との合併により、流通系・信販系、両方の側面を持つようになりました。どちらを言い切ってしまうのは難しいので、こういったサイトを運営していると、どちらで紹介して良いか困ります(汗)※とりあえず当サイトでは、流通系の中に入れています。

パート・アルバイトでも、問題無く申し込みOKな会社

基本は存続会社の通り、セディナ=OMCであるので、OMCカード時代と同様、パート・アルバイトでも気軽に申し込みができます。

私の周りのアルバイトスタッフも、多数所持しています。特に後述する、同社の発行するセディナカードJiyu!da!は、そんな方々の定番で、1枚目のカード取得&クレヒス作成用としてお勧めできます。

代表クレジットカード

セディナカードJiyu!da!

セディナのカードの中でも、特にパート・アルバイトの方や、1枚目のクレジットヒストリー作成用にお勧めしたいクレジットカードがセディナカードJiyu!da! です。年会費も無料で、Visa/Mastercard/JCBから選べますので、決済性はばっちりです。

その上、全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、イオン、ダイエーで1.5%ポイント還元(2017年9月現在)という高スペックさです。

一番の特徴は、支払いが他のカードより自由!

セディナカードJiyu!da!の特徴は、毎月の支払額を自分で決められるカードだということです。

支払額が厳しい時はありがたいですが、そうでないときは逆に手数料分損になるので、必要な方は「全額払い」に変更するのもありです。申込時は最大で2万円払いしか選べないので、カードが届いてからWebサービスで変更する形となります。

コンビニ払いOK

セディナカードJiyu!da!は、利用額を継続的にコンビニで支払いすることが出来る、少し珍しいカードです。もちろん、通常の口座引き落としも可能です。

ただ、コンビニ払いは人によってはかなり好まれるようですが、うっかり忘れて延滞はしないように気をつけたいですね。

会社概要

セディナのホームページから引用(※2017/5/16時点)。
最新情報は↓をご覧ください。
(http://www.cedyna.co.jp/company/aboutus/profile.html)

  • 会社名:株式会社 セディナ (英文名 Cedyna Financial Corporation)
  • 本店所在地:名古屋市中区丸の内三丁目23番20号 052-310-1500(代表)
  • 東京本社所在地/東京都港区港南二丁目16番4号 03-6714-7800(代表)
  • 代表者:代表取締役社長 中西 智
  • 資本金:82,843百万円
  • 株主:株式会社SMFGカード&クレジット
  • 従業員数:3,339名(2017年3月末時点)
  • 事業内容:
    • カード事業
    • 信販事業
    • ソリューション事業
    • 融資事業
    • その他

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード