三菱UFJニコスが発行する信販系のブランド・ニコスカード

ニコスは三菱UFJニコス株式会社が発行する信販系のブランドです。信販系クレジットカードの中では確固たる地位を築いている感があります。また、それと同時に、日本代表クレジットカードであるJCBの生みの親(三和銀行と旧日本信販の折半出資でJCBを設立)でもあります。信販系らしく、クレジットカード以外にも、電気店や家具店などでショッピングクレジットを受け付けているのをよく見かけますね。

私が思う会社イメージ

信販系の中では、厳格かつ審査が厳しいイメージがあります。多重申し込み(用語集:多重申し込み)をしているとなかなか審査に通らないとよく噂される位です。旧日本信販は、クレジットカードやショッピングクレジットなどに置いて、過去にたくさんのデータベースを持っているはずです。ですので、それを生かした審査は、きっと他の会社よりも上手なんでしょうね。

ショッピングクレジット

日本信販は、ショッピングクレジットでも大変有名です。電気屋さんなどで高額な商品を購入するときに、クレジットカードの申し込みをせずとも、分割で商品が購入できる仕組みです。

クレジットカードの限度額が全く足りないような商品でも分割で買えるので、高額商品を買うときは大変便利です。

UFJニコスへ、さらには三菱UFJニコスへ

日本信販とUFJカードは、2005年の秋に合併しました。合併後の名称はUFJニコス株式会社。クレジットカード大手の二社が合併して、さらにサービスが良くなる事が期待されます。銀行系と信販系の合併は他に聞いた事がないので、いったいどうなるんでしょう。

さらには、DCカードとの合併も2007年4月に行われ、三菱UFJニコス株式会社が誕生しました。今後に目を離せない、大変楽しみな会社ですね。

会社概要

三菱UFJニコスのホームページから引用。最新情報は↓をご覧ください。
(http://www.cr.mufg.jp/company/gaiyo/index.html)

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。