多重申し込みとは【クレジットカード用語集】

多重申し込みとは、その名の通り、クレジットカードを短期間の間にたくさん申し込む事です。カード会社に警戒される可能性が高まりますので、件数が多くなればなるほど、審査に落ちる可能性が高まります。

多重申し込みが審査に良くないというのは、一般の方にとっては常識では無いため、知らず知らずにやってしまう方も多いようです(私も最初はそうでした、、)。

多重申し込みが警戒される理由

多重申し込みが警戒される理由は、お金に困っている人だったり、たくさん一度にクレジットカードを作り、全部限度額まで使用して自己破産する人がいるからです。

クレジット契約は、信用でお金を立て替え払いする仕組みです。例えるなら、あちこちで「お金を貸して」と言っている人が、あなたの元にも「貸して」と言われたら、躊躇してしまうのと似ていますね。

そういった観点から、多重申し込みは、どうしても審査に通りたい場合はあまり好ましくありません。

多重申し込みの情報は、クレジット会社に筒抜け

でも、全く違う会社に申し込んでも何でばれてしまうんだろう!?と思われる方もいると思います。ばれてしまう理由は、個人信用情報機関に、申し込みした事実が登録されているからです。

そのため、レジットカード会社から見れば、申し込みをした事実は筒抜けであり、100%把握できるため、簡単に多重申し込みもバレてしまうのです。

ちなみに、申し込みをした事実の情報の保有期間期間は6ヶ月。それを過ぎると、情報は削除されますので、クレジット会社には分からなくなります。ただし、その申し込みで可決していると、成約した情報が載ってしまいますけれどね。

多重申し込みの情報は消せる?

申し込みが事実の場合、その情報を削除してもらうことは出来ません。そのようなことができたら、第三者機関である個人信用情報機関の意味が無くなってしまうためです。6ヶ月過ぎるのを待つより他ありません。

申し込みブラックとも

重度の多重申し込みとなると、申し込みをしすぎてブラックリスト状態になることと見立て、申し込みブラックとも表現されます。ブラックリストと言ってもそのようなリストがあるわけではなく、通称です。

実際には、多重申し込み=申し込みブラックというイメージでよく使われるような印象です。

多重申し込みの定義は?

多重申し込みとうのは俗称ですので、特に定義と言ったものはありません。申込件数が多くなればなるほど、審査に厳しくなると言うだけです。しかし、一般的には半年の間に3、4件以上あれば、そう言えるのではないでしょうか。

属性が高い人であれば、少しくらい件数が多くても大丈夫ですが、私の様に属性があまり良くない場合は、半年間の申し込み件数はできるだけ少なくした方が良いでしょう。

ただ、多重申し込み10件オーバーでも、審査に通ってしまうこともあるのが、クレジットカードのおもしろいところではありますが(^^;)

ドキドキ感がある?

中にはわざと多重にして、審査に通るか通らないかのドキドキ感を楽しむ方もいらっしゃる様です。なんとなく私もわかるような気がします(笑)。カードが届くか、お断りの手紙が届くかが、なぜだか分かりませんがワクワクしますよね(^^;

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード