個人信用情報機関とは【クレジットカード用語集】

個人信用情報機関とは、皆さんの適正なクレジットライフを支える為に、クレジット会社から利用されている、第三者機関です。具体的には、厳重なセキュリティのもとに個人の信用情報をデータベース化し、クレジットカード会社へ提供しているのです。それらの信用情報は、審査や与信管理の際に利用されています。

どんな風に利用されるの?

まず私たちがクレジットカードの申し込みをすると、クレジット会社が審査の為に個人信用情報機関にアクセスして、申込者がデータベースに登録されているかをチェックします。通常は、名前や生年月日、電話番号などをキーとして検索して、情報が登録されているかを探します。

もし申込者と考えられる情報があれば、その情報を閲覧し、発行審査に利用するのです。その情報次第で、審査に否決してしまうことすらある、非常に重要な情報となります。

登録されている情報

名前、住所、電話番号、お勤め先、お勤め先電話番号、契約しているクレジットに関する情報などが、登録されています。個人信用情報機関は大手で3社あるのですが、細かいところは、各社多少異なります。

どんな事をすると掲載されるの?

情報が掲載(登録)される要因となるケースを、一つずつご紹介していきます。

申し込み履歴

クレジットカードを申し込みした際に、「申し込みをした事実」として登録されます。これは、6ヶ月経過するまで情報が保持されます。

クレジット契約の成約

申し込みに可決し、クレジットに関する契約が成立すると、登録されます(こちらは契約中ずっと載ります)。身近な例として具体的に挙げると、クレジットカードやショッピングクレジット、ローンの契約に際して、情報が登録されている場合が多いです。

クレジットの利用・支払い

クレジット会社により多少の登録のされ方の違いはありますが、契約している金融商品(クレジット)を利用すると、利用残高や、支払い状況などが登録されます。支払いに遅れてしまうと、ここですぐにばれてしまうというわけです。

クレジットの契約終了

クレジットの契約が終了(解約)すると、契約終了(完了)の旨が登録されます。この時点から5年間、登録内容が残ります。

延滞情報があると、、、

先ほどのとおり、個人信用情報機関には、支払いに関する情報も掲載されています。したがって、クレジットカードである程度の延滞をしてしまったりすると、延滞した情報等も載りますから、簡単にばれてしまいます。

逆に、しっかり支払いをしていれば、「ちゃんと支払っているよ」という情報をつけてくれる会社もあるのです。支払いをしっかりしていれば他のカードも作りやすくなったりするのは、このヒストリーが原因となる事もあります。ですから、きちんと引き落とし日に支払いをする事が大変重要です。

→クレジットカードの審査カテゴリ内のクレジットカード会社が加盟する個人信用情報機関とはでもっと詳しく紹介しています。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。