人気記事6ランダム表示: 

今はまだ無理でも、いつかはプレミアムカードを目指したい方

今はまだ無理だけど、いつかは絶対にプレミアムカードを持ちたい!という方は多いのではないでしょうか。特に、野心家の男性に多そうですね。

そんな時、今からできることと言えば、クレジットヒストリーを積み重ねることが考えられます。しかし、同じクレジットヒストリーを積み重ねるにしても、お目当てのカードによっては、より有利に実績を積むこともできます。

本ページでご紹介するカードは、ほとんどが取得が難しくない・むしろ簡単な一般カードです。ですが、これらのカードでクレジットヒストリーを積み重ねておけば、いざお目当てのプレミアムカード(または上級カード)を申し込むとき、大幅なプラス要因となるのです。

本ページでは、お目当てのプレミアムカード別に分けて、いつか目標のプレミアムカードを取得されたいとお考えの方に、修行用のお勧めのカードをご紹介します。将来のための布石として、今のうちから作っておくと良いでしょう。

三井住友VISAプラチナカードを目指す!

人気ブランドであるVISAの中で、最も人気があるプラチナカードと言ってもよいでしょう。日本のVISAのトップブランドとして絶大な人気があるのがこの三井住友VISAプラチナカードです。このカードを将来目指したい方は、下記をお勧めします。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友カード社が発行しているカードの中で、最もベーシックなカードが、三井住友VISAクラシックカードです。クラシック=一般カードですので、特に取得が難しいわけでは無く、当然普通の属性の方でも(パート・アルバイトの方も含む)申し込みが可能です。

このカードをきちんと使っていれば、ゴールドのインビテーションが来るはずです。また、1年以上保有していれば、自分からゴールドにアップグレードしても良いでしょう。

ゴールドになったらしめたもの。もうその上はプラチナになりますので、たくさん決済して修行するのみです。ゴールドからのプラチナのインビテーションは少し使うくらいでは来ないので、なかなか招待されない場合は、自らプラチナへのアップグレード申請をされると良いと思います。

三井住友VISAプラチナカードは年会費もプレミアムカードにしてはそれほど高額で無く、にもかかわらずステータス感も高いためお勧めです。

JCB ザ・クラスを目指す!

こちらは、世界で活躍する国産ブランドであるJCBの最上級カードである、JCB ザ・クラス。このカードを将来目指したい方は、下記をお勧めします。

JCB一般カード

JCBのベーシックカードが、JCB一般カードです。こちらも名前の通り一般カードですので、取得難易度は全く高くなく、通常のカードが作れる方であれば、どなたでも申し込めます。

三井住友カード同様、しばらく使っていればゴールドへのインビテーションが届きます。インビテーションが来なくても、普通に使っていれば、インターネットからゴールドへアップグレード申請が出来ます。

その後、ゴールドでクレヒスを積んでいれば、将来ザ・クラスの取得に役立ちます。

アメックスセンチュリオン/アメックスプラチナを目指す!

クレジットカードの中で最高峰のサービス・グレードであるアメリカン・エキスプレス社。その中でもプレミアムカートとしては、最上級カードであるアメックスセンチュリオンカードと、その一つ下であるアメックスプラチナカードがあります。これらのカードを目指したい方は、下記をお勧めします。

アメリカン・エキスプレス・カード

同社の発行するカードの中で、最もベーシックなアメリカン・エキスプレス・カード。通称アメックス緑・またはアメックスグリーンと呼ばれています。アメックスグリーンの取得難易度は、通常の銀行系カードの一般カードと大差ありませんのでご安心ください。

こちらのカードで何年か使っていれば、ゴールドカードのインビテーションが届くと思います。この時のゴールドカードへの切り替えは、カードを延滞無く使っていればほぼ問題無く合格します。

その後ゴールドで実績をつめば、プラチナのインビゲーションが届きます。そしてプラチナになった後、さらにとんでもない額を決済していれば、センチュリオンのインビテーションがくる可能性があります。ただし、難易度はS旧です!

ダイナースプレミアム/CITIプラチナカードを目指す!

アメックスと双璧をなすブランドであるダイナースクラブ。そのダイナースの最上位カードに、ダイナースプレミアムがあります。また、同社が発行する別ブランドのカードとして、CITIプラチナカードがあります。このいずれかのカードを目指したい方は、下記をお勧めします。

CITIゴールドカード

CITIは一般カードが無いため、本カードのみ、一般カードでは無くゴールドカードとなります。ゴールドですが、25歳以上年収400万円相当で持てますので、ゴールドにしてはそれほどハードルは高くありません。

ダイナースクラブカードとはブランドが異なりますが、カード発行会社は同じ三井住友トラストクラブ株式会社です。したがって、本カードでクレジットヒストリーをつめば、ダイナースクラブカードの取得にも役立ってくれると予想されます。公式発表はありませんのであくまでも仮説ですが、その可能性は高いと思います。

目的/条件別お得なカードの選び方カテゴリTOP

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

VISA発行会社の中で一番の会社は!?

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカードが最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも最大Wで付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

サイト内記事:今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)