人気記事6ランダム表示: 

契約社員や派遣社員、パート・アルバイトの方にお勧めクレジットカード

パート・アルバイト・派遣社員や契約社員の方は、一般的に、正社員に比べてクレジットカードの審査に通りにくいとされています。確かに、それは本当と言い切ってもいいでしょう。しかし、各社独自の審査基準がありますから、パート・アルバイトの方もウェルカム!という会社もあります。本ページでは、そんなパート・アルバイト等の方々に向けた、私のお勧めカードをお教えします。

なお、○○系という分類ごとにご紹介していますが、ただの会社の分類ですので、クレジットカード自体の使い勝手に違いはありません。銀行系はお堅い、多少厳しいなど、多少の特徴はありますが、それほど気にしなくても大丈夫です。

信販系・流通系では

クレジットヒストリーがあまりない人や、勤続年数が少ない方、パート・アルバイト・派遣社員や契約社員の方はこちらのクレジットカードをお勧めします。ここで取得ができたら、そのカードでクレヒスをつけて、銀行系にアタックするというのもよいでしょう。

楽天カード

楽天市場でおなじみの、楽天グループが発行しているカードが 楽天カード です。楽天市場以外で使ってもポイント還元率が1%もありますし、年会費も永久無料で、JCB/VISA/Mastercardから選べることなど、基本スペックが高いです。

ずっと以前の楽天KC時代から、パート・アルバイト等の方にとって人気だったのですが、最近は特に良い印象です。

マジカルクラブTカードJCB

ニッセン・ジー・イー・クレジットが、大手通販のニッセンと提携して発行しているのが、マジカルクラブTカードJCBです。

本カードは、公式アナウンスにて「主婦・パート・自営業の方もOK」という姿勢でカードを発行しています。その他の条件としては、20歳以上、本人(もしくは配偶者)に安定した収入のある方、電話連絡が可能な方、日本国籍、日本在住、日本語読み書き可能な方、という項目がありますが、ほとんどの方があてはまりますよね(^^;)

年会費は無料。国際ブランドJCBが付いています。開放JCBですので、ジェーシービーとの取引で過去に問題があった人でも影響しません。

こちらは楽天カードと並び、まず第一にお勧めできるカードです。

セディナカードJiyu!da!

ダイエーやマルエツでもおなじみのセディナカードです。私の周りのアルバイトの知り合いでも、持っているコが多いですね。大体ダイエーやマルエツで働いている人たち自身もパート・アルバイトがほとんどなので、考慮してくれているのでしょう。月々の支払額を自分で決める、「よゆう払い」という特徴はありますが、実質1回払いにすることは可能です。

カードを作るという意味では年会費も永年無料のセディナカードJiyu!da! が一番おすすめです。(セディナの中でも力を入れているクレジットカードです)

イオンカード(WAON一体型)

イオン(旧ジャスコ・サティ)でおなじみのイオンカード(WAON一体型)です。こちらは申し込み資格がオフィシャルサイトにも「18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方なら、申し込みいただけます」とあり、申し込みできる門戸が広いです。

年会費も無料でJCB/VISA/Mastercardから選べることと、比較的カードフェイスがシンプルなため、どこでも使いやすいカードです。クレジットヒストリーを積み重ねるための、“修行用カード”としてもお勧めです。

Yahoo! Japan JCBカード(受け付け終了)

ネットをする人で知らない人はいない、Yahoo! JapanとJCBが提携しているカードがYahoo! Japan JCBカード(2014/3/31受付終了)です。Yahoo!ショッピングを利用する人にとっては、かなりオトクです(Yahoo!ショッピングで実質最大2%分の還元)。

年会費は初年度無料、年間20万円使えば翌年も無料になります。後述する楽天カードに比べると年会費分がやや気にかかるかもしれませんが、パート・アルバイト・派遣などの方でも問題なく申し込めます。

プロバイダや、携帯料金、電気・ガス・水道などをクレジットカード払いにすれば20万円は難しくないので、現金払いだったものをカード払いにすれば問題ないと思います。今が旬のカードなので、オススメですよ!

消費者金融系では

アコムACマスターカード

消費者金融系という分類が気に入らない、というわけでなければ信販系・流通系よりもこちらのACマスターカードが最強の選択だと私は思っています。私が知る限りでは、消費者金融でクレジットカードを発行しているのはアコムだけ、つまり唯一の存在です。

流通系や信販系などのクレジットカードでは、クレジットカードにキャッシング機能がついており、金利が高いですが、こちらもクレジットカード+キャッシングが利用できますが、金利は(利用可能枠にもよりますが)圧倒的に安いです。

券面も、アコムのカードということが分からないようなマスターカード公式っぽいクールなデザインです(このデザインはとてもいいので、他社も採用して欲しいところです)。

消費者金融系ということが気にならなければ、これより上に挙げたカードとは比べものにならないくらいお勧めできます。ローンを使う予定がある方にも良いでしょう。逆に、気になる方はYahoo! JAPAN JCBカードや楽天カードの方がいいかもしれません。

銀行系では

銀行系は基本的にはあまりお勧めできません。しかし、銀行系のクレジットカードは、全国どこでも使いやすい所が魅力です。また、延滞なく使用していれば、なんなくゴールドカードにステップアップできるところです。是非一枚は持っておく事をお勧めします。流通系が取得できたら、次に銀行系も一枚取得したいところですね。

FCかプロパーのJCBカード

日本NO.1を誇るJCBは、パート・アルバイト・派遣社員・契約社員の方にもお勧めできる銀行系です。やはり総会員数が多い会社であれば、絶対数的に派遣社員や契約社員の所有者も間違いなく多いはずです。実際に私もJCB関連の勧誘をした事がありますが、派遣社員・契約社員・アルバイト・パートの方も非常に多く申し込みをされています。

JCB 一般カードさくらカード(三井住友銀行系)かUFJカード(三菱UFJ銀行系)が発行しているJCBが良いでしょう。券種は、一般カードの他にも、女性ならJCB LINDAカード等もお勧めです。携帯電話・PHSの通話料金をカードで支払うと、会費が無料になるというメリットがあるからです。

ちなみにJCBは、日本で最も使い勝手が良いクレジットカードだと思います。個人的には電話サポートも良いと思うので、持っていて損はないでしょう。

それでも唯一デメリットをあげるとすれば、もしかしたら発行時の限度額が少ない(10万円の場合もアリ)かもしれません。これは、与信を低くしてリスクを減らし、広く会員を獲得する戦略だと推測されます。しかし、普通に使用していれば限度額も上がりますので、特に問題はないでしょう。(必要な時に一時増枠もできます)

目的/条件別お得なカードの選び方カテゴリTOP

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

VISA発行会社の中で一番の会社は!?

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカードが最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも最大Wで付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

サイト内記事:今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)