人気記事6ランダム表示: 

取得するのが難しいステータスがあると言われるクレジットカード

一般の方には、ステータスが高いと呼ばれる事が多いクレジットカードをご紹介します。取得するのが難しいので、収入がある人でないと持つ事ができないプレミアムなカードです。

三井住友トラストクラブが発行するダイナースクラブカード

やはり一般の方にもステータスが高いカードとして認知されているのがダイナースクラブカードです。入会基準も非常に厳しく「原則として、年齢33歳以上の方、勤続10年以上の役職者または自営10年以上の方、自家保有の方」となっています。 審査が厳しいからこそ、ダイナースクラブカードは人気があるのかもしれませんね。

現在は、27歳以上の方が申込み可能です。

富裕層向けのサービスにも定評があるので、クレジットカードの高級ブランドと言ってもいいでしょう。一例を挙げると、こんなサービスがあります。

サービス例
  1. カードご利用金額に一律の事前制限がありません。
  2. 24時間年中無休で問い合わせが可能です。
  3. 最高1億円まで旅行傷害保険などを補償。また、ショッピング保険もあります。
  4. クオリティの高い多彩なクラブサービスがあります。

どうしてもダイナースクラブカードが欲しい!という方

申し込み条件は"原則"としてです。

ただし、上記の条件「原則として、年齢33歳以上の方、勤続10年以上の役職者または自営10年以上の方、自家保有の方」というのはあくまでも"原則"です。条件に満たなくても、それを補う属性があれば、二十代半ばの人でも取得できる場合があるようです。

どうしても欲しい方で、上記の条件に明らかに程遠いわけでなければ、やってみる価値はあるでしょう。

2006/05/23追記
ダイナースクラブオフィシャルサイトでの入会資格が、「ご入会に際しては、クラブとしての所定の審査がございます。」に変更されました。審査基準がもしかしたらほんのすこしだけ広くなったのかもしれませんね。これで20代の方でも、遠慮なくトライできるようになるのかもしれません。もともとダイナースクラブカードは、エントリータイプのカードを発行していないので、あまり厳しくしすぎると会員を伸ばせないのでしょう。そこらへんは難しいところなのでしょうね。

2015追記
現在は、「年齢27歳以上の方」と修正されました。=27歳なら誰でもOK、というわけではなく、クラブとしての審査がありますから、十分に取得難易度の高いクレジットカードと言えます。

自分の信用を計る為に申し込む人も

ダイナースクラブカードの審査に通るような方であれば、一般的にも属性が高いと認められるようなものです。その為、自分の信用がどれくらいあるのかを計るために、申し込みをする人もいます。あなたも、ご自身の信用を確認する為に、挑戦してみてはいかがでしょうか。⇒ ダイナースクラブカード

目的/条件別お得なカードの選び方カテゴリTOP

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

VISA発行会社の中で一番の会社は!?

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカードが最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも最大Wで付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

サイト内記事:今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)