人気記事6ランダム表示: 

クレジットカードの支払いをコンビニ払いにすることはできますか?

クレジットカードの利用料金の支払いは、通常、口座からの引き落としです。ですが、「私はコンビニ払いのほうが都合が良い!」とういう方もいらっしゃるでしょう。

特に若い方に多いと思うのですが、コンビニエンスストアは生活に欠かせない場所。人によっては1日1回以上は赴く場所なので、コンビニ払いの方がお金がある時にさっと払えて便利……という意見もあると思います。

基本的には出来ませんが、方法&カードにより可能

最初に書いたとおり、基本的にはクレジットカードの利用料金は口座引き落としです。そこで、コンビニ払いできる方法を考えてみたいと思います。

口座振替依頼書を返送しない(非推奨)

新規カード申し込み後、口座振替依頼書の返送を求められる場合があります。特に、店頭申し込みの場合は口座番号と印鑑などは持っていないので、必然的にそうなりますね。

その口座振替依頼書を返送しないとカードが発行されない場合もありますが、中には、先にカードが発行されるクレジット会社もあります。

この場合、口座振替依頼書を返送しないでクレジットカードを使えば、コンビニで支払えるタイプの請求書が届くことになります。つまり、一応コンビニ払いできるカードの誕生です……と言いたいところなのですが、これには落とし穴があります。

口座振替依頼書を返送してもらうことが前提でカードが発行されているので、ずっと口座引き落としを返送しない場合は、カードが止められても文句は言えません。この方法でずっとコンビニ払いを続けられるクレジット会社も実際にはあるようですが、私はお勧めはしません。

なら言うな、という感じですが、読み物サイトとして、生暖かい目で見てください(^-^)

コンビニ払いできるカードも一部存在する

実は、コンビニ払いができると銘打っているクレジットカードも存在します。それは、セディナカードJiyu!da! です。このカードは、クレジット会社公認でコンビニ払いができる非常にめずらしいクレジットカードです。

セディナカードJiyu!da!の特徴

名称の通り、Jiyu!da!=自由だ!がテーマのクレジットカードです。特徴は2点あり、1点目は、先ほどのとおりコンビニ払いできるということ(支払い方法が自由)。

2点目は、月々の支払い額が自分で決められるということです(支払額が自由)。少々補足すると、例えば支払額を2万円に設定したとしましょう。その場合、3万円の買い物をした場合、ひと月目に2万円、ふた月目に1万円+手数料の支払いとなります。

これは、お金に余裕が無いときは非常に便利です。ただ、手数料を払いたくない!という方は、カードが届いた後に、Webサービス上から「全額支払い」にして、手数料無しの1回払いカードと同様にも設定できます。

年会費名永久無料で、国際ブランドはVisa/Mastercard/JCBから選べるので死角無しです。コンビニ払いが良い方には、セディナカードJiyu!da!がお勧めできます。

クレジットカードQ&AカテゴリTOP

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

VISA発行会社の中で一番の会社は!?

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカードが最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも最大Wで付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

サイト内記事:今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)