人気記事6ランダム表示: 

在籍確認の電話はカードを申し込むと、職場などに絶対かかってきますか?

在籍確認の電話って、あまりうれしいものじゃないですよね(あたりまえか(^^;)。クレジットカードが欲しいけれど、それがかかってくるのがイヤで、申し込みを考えている、、、という方もいらっしゃいそうです。そもそも、クレジットカードを申し込むと、必ず職場に在籍確認の電話がかかってきてしまうのでしょうか?

結論:クレジットカード会社(もしくは審査する人の判断)によりかかってきます。

必ずかける会社と、判断によりかけない会社

申し込みがあると、審査が可決するには絶対に在籍確認(もしくは申込みの確認)の電話がある会社があります。反対に、ほとんどかけない会社もあります。

どこがどうだといった内容は、さすがに私も多くは把握していませんが、お役に立ちそうな情報を書いておきます。

判断により在籍確認がないってどういう意味?

「余裕で審査は合格!」という場合は、かかってこない場合が多いです。例えば、高属性な方や、(用語集)クレヒスが良い場合などですね。わざわざ電話をかけるまでもなく、審査は合格だから、省略しちゃおう、、ってな感じでしょうか。もちろん、絶対にかける会社もあるので「かかってくる=余裕で合格ではない」という訳じゃあありませんよ!

他にも(用語集)個人信用情報機関の情報も関係してきます。クレジットカードの申し込みがあると、その会社は、CIC等の個人信用情報機関を閲覧します。そこには、他のカードを申し込んだ時に記入した、その人のお勤め先や、お勤め先電話番号等の情報が記載されている事が多いのです。

信用情報と一致すれば

そこに載っているお勤め先情報と、お勤め先電話番号が、新たに申し込みした内容とぴったり一致していた場合は、審査する人もこの内容でおそらく間違いないと判断する可能性が高まります。そういった時は、わざわざ在籍確認をしないケースがあるようです。

同じ会社のクレジットカードを既に持っていても

また、既に所持しているカード会社で、追加で作るような場合も、お勤め先に変更がなければ在籍確認が省略されるケースが多いようです。一度手持ちのカードの裏面をご覧になって、どこが発行しているものかを確認されるとよいでしょう。(裏を見れば、どこが発行しているのかが簡単に分かります。)

おまけ

在籍確認が少ないクレジットカード会社は、外資系に多いようです。個人的な経験では、シティカード(現:SuMi TRUST CLUB カード)は私の知り合いの中で、在籍確認があった人は一人もいません(もちろん絶対ないわけではなく、たまたまかもしれませんが)。ほかに同社が発行するダイナースクラブカードや、他にはアメックスも少ないみたいですね。

在籍確認については、「基礎知識カテゴリ」内の、かかってくる!?こない!?慌てず対応したい在籍確認の電話のページも、よろしければご覧ください。

クレジットカードQ&AカテゴリTOP

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

VISA発行会社の中で一番の会社は!?

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカードが最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも最大Wで付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

サイト内記事:今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)