人気記事6ランダム表示: 

クレジットカードは○○○○円以上からと言われました。従うべき!?

お会計時。クレジットカードのステッカーが貼ってあることを確認し、それではとカードを差し出す。とその時、「お客様、クレジットカードのご利用は○○○円以上からとなっております」と言われてしまった……。(※○の部分は1000円とか3000円等。かね10000円以下)

ランチ時にカードを拒否されることと同様に、こちらもたまーにありますね。大抵そんなことは明示されていないですから、「えーっ」と困ってしまいます。こんな時、その通り従わなければならないのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

利用額設定をつけるお店の理由

まずは、なんでそんなことするの!?というところから見ていきたいと思います。

ズバリ、手数料が惜しいから

クレジットカードを利用すると、その分お店はクレジット会社に手数料を支払わなければなりません。つまり、その分儲けが減るのです。

手数料はだいたい少なくとも3%以上から。低額商品は利益もたかがしれているので、クレジットカードの利用はある程度金額の高い商品・サービスだけにして欲しい……という意図があり、このようにされることがあります。

クレジットカードが利用できることにより、得られる利益があるにもかかわらず、損になる部分のみ見てこのようなことをしているわけです。

基本的には加盟店違反!

実際には、店舗とクレジット会社(アクワイアラ)との加盟店契約の契約内容によりますが、基本的には、利用可能金額を設定することは、加盟店違反とされます。

例えば三井住友カードでは、こちらのページにて、下記のように定義しています。※太字は当サイトが付けました。

ご利用代金にカード手数料を上乗せした金額をお客様へご請求することや、1回払い・リボルビング払い時における「カード利用は○○○円以上から」等の利用制限(下限設定)を行うことは、加盟店規約により禁じられております

JCBでは、下記です。

加盟店との契約で、カード取り扱いの金額・時間帯に制限を設けることは禁止されております。 加盟店の業態により事情はございますが、万が一そのような行為があった場合は、加盟店に是正指導を行いますのでカード裏面のカード発行会社までご連絡ください。

重ねて言いますが、詳細はそのお店とクレジット会社との契約内容次第ですので、100%NGと断言できるとまでは言えません。

クレジット会社(アクワイアラ)にしても、収益になるとなれば、特例を認めざるを得ないで契約することも可能性としては0ではありませんので。ただ、基本的には加盟店違反と考えて良いでしょう。

実際の対応方法

実際にそうなった時にどうするかです。ここでは、「あきらめてこちらが折れる」という選択肢以外で書いてみます。

加盟店規約違反を楯に主張する

加盟店規約に問題があるのではと主張するのがよいでしょう。なんと言っても、実際そうですしね。

加盟店違反を認識しており、なおかつ権限のある方の場合は、主張すれば通ることもあります。

ただ、店員さんが無知であったり、アルバイトさんなど権限が無い場合は「そういう決まりですので」と言われてしまうかもしれません。むしろその方が多いでしょう。こういった時は交渉が非常に面倒になります(なのであきらめてしまう人も多いはずです)。

交渉例

交渉の面倒を避けるために、「手持ちが無い」と言う人もいるようですね。本来は許されることでは無いかもしれませんが、すでに相手側が加盟店規約違反をしているのですから、かわいい嘘なのかもしれません(とは言えそれを推奨するわけではありません)。

特に飲食店などでは、食べてしまってからそう言われても普通に困りますし、なおかつ「○○円以上でないとクレジットカードが使えません」と書いてあることは希です。お勧めするわけではありませんが、こういったケースに限っては嘘も方便と言えるのかも!?しれません。

レジが○○円以上でないと決済できない……というようなとんでもない仕様に制限されているわけでない限り、大抵は「今回だけですよ」と言ってくれると思います。

交渉が成功すれば

○○円以上で無いとクレジットカードが使えないというのは、お店の独自ルールです。カードが物理的に使えないわけではありませんので、交渉が成功すれば、カードでの支払いが問題無く可能です。

でも、かなり骨が折れますし、こういった折衝は非常に疲れます。個人的には面倒ごとはゴメンです(>_<)実際問題、ちょっと言ってだめならあきらめる、もう行かない、という選択肢をとる人も多いでしょう。

こういったことをやっているお店は、サイレントクレーマーをどのくらい増やしているかを理解していないのでしょうね。特にカード愛好家からすれば、悪印象以外の何者でもありませんので。

クレジット会社に通報を

もしもまたそのお店に行くことがあったり、あなたが正義感に強い方であれば、クレジット会社に通報しておきましょう。その加盟店のアクワイアラは分からないと思いますので、ご自身のカードの裏面に書いてある電話に報告できます。

きちんとしたクレジット会社・アクワイアラであれば、調査の上後日改正されていることがあります。

まとめ

「ランチ時にクレジットカードを使わせない」という場合もそうですが、お店の都合にする場合は、せめて事前に伝えておいて欲しいですよね。物販では「じゃあ買わない」で済むから良いですが、サービス・飲食の場合は、そうもいきませんので。

個人的には、「ランチ時にクレジットカードを使わせない」以上「クレジットカードの利用手数料をとられる」未満レベルの、加盟店違反かなと感じます。

クレジットカードQ&AカテゴリTOP

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

VISA発行会社の中で一番の会社は!?

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカードが最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも最大Wで付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

サイト内記事:今や超希少!アコムACマスターカードが有名なacom(アコム)