クレジットカードが届いたらまずやるべきこと

クレジットカードが届いたら、カードだけ抜いてそのままお財布に入れる……だけではいけません。きちんとしたステップを踏んで、正しく安全にカードを使える状態にしましょう!

まずは開封の儀

当たり前っちゃ当たり前ですが、枠はいくらぐらいかな、有効期限は何年なのかな、実物のカードフェイスはどうかな、などと期待に胸を躍らせながら開封しましょう。

特に枠=信用力とも言えるので、いわば信用力の通知表みたいなものです。なので開けるときは、大きなの楽しみポイント&ドキドキする瞬間でもあるんです(笑)ネットショッピングをしたときに、封を開けるのと同じ感覚ですね。

同封物を確認

封筒を開けると、いろいろな紙が入っていると思います。パンフレットやカード台紙などの同封書類一式を確認してみましょう。

書類を1つずつ確認

同封書類書類全てを確認するまでは必要ありませんが、大事なものだけは必ず確認しましょう。重要なのは、規約と、カード台紙、利用案内です。

規約を確認

クレジットカードと一緒に、必ず規約が入っているはずです。本来は申し込む前に規約をチェックしておくのと良いのですが、それはあくまでも理想論。実際問題として、そうしている人は少ないでしょう。かくいう私もそうです(汗)。

ですから、せめて最初くらい、ざっくりとでも良いので規約を一読しておくとよいと思います。というか、ぜひ読んでおきましょう!

とは言っても、なれないとちょっと読むのが難しいですよね。専門的な用語が飛び交いますし、文字も非常に小さく、しかも長いんです、これが。

ですが、人間生きている間に、契約書関連に目を通さなければならないことは多々あります。ですから、こういった書類になれておくことは有用と思いますし、頑張って読んでみましょう。

万一規約に問題点・不明な点があれば、後述するカードへのサインをせずに、クレジット会社へ問い合せてください。

台紙(カードとカード情報)を確認

カードは、台紙に貼り付けられていることが一般的です。その台紙に、今回発行されたクレジットカードに関する情報も記載されています。各種利用枠(ショッピング・キャッシング)、リボの場合の月の支払額、カード有効期限、などなどです。

大抵はクレジット会社のインターネットサービスにログインすれば確認できますが、大事なことですので簡単に頭に入れておきましょう。

カードは、左下に印字されている名前のローマ字のつづりが間違っていないかを確認します。問題が無ければカードを台紙からはがしてOKです。はがした後は、台紙がべたべたしているので気をつけましょう。

利用案内を確認

あまり見ない人も多いと思いますが、同封してある利用の手引き的な案内を一読されると非常に有用です。あ、こんなサービスがあったんだ!という隠れた発見をすることもしばしばです。

隅々まで精読する必要はありませんので、ざっくりと流し読み程度でも十分と思います。後から必要な時に、こんなサービス・機能があったなぁと思い出せれば十分でしょう。

その他内容物を確認

その他パンフレットなどにも目を通しておきましょう。その時点でのキャンペーンなども掲載してあることもありますし、一式ざっと目を通しておいて損はありません。明らかに宣伝的なもの(リボキャンペーン等)は、使わなければ読まなくても良いです。

重要なのは、なんらかのアクションが必要な場合です。例えば、口座の指定が済んでいない場合等、記入&返送がいる場合ですね。同封の案内を見て、もしも必要なことがあれば、早急に実行しましょう。

利用案内はとっておくとベター

クレジット会社ホームページを見れば、最新の情報を見られるので、利用案内は不要……と思われるかもしれません。ですが、入会時の利用案内は非常に詳しくサービスについて解説されていますし。加えて紙での説明は、さっと参照できて便利です(目も疲れませんしね)。

できれば、捨てずにとっておかれると良いでしょう。

カードを使えるようにする

一部の例外を除き、クレジットカードはすでに使えるようになっています。ですが、その前に必ずやっておかなければならない大事な事があります。そう、サインです。

サイン(署名)をする

先ほどのとおり、決済はできる状態にはなっていますが、サインをしなければ(規約的に)使えないことになっています。ネットショッピング等では普通に使えてしまいますが、サインをしない内に利用すると、不正利用時など、万一の際に補償が効きませんので要注意です。

というわけで、規約などに問題が無ければ、カード裏面の署名欄に、サインをします。サインすること=クレジット利用規約に同意することとほぼ等しいことになります。

具体的に、どんなサインを書けば良いの!?と思われた方もいるかもしれません。結論としては、あなたが普段書き慣れたものが一番です。どのようなサインでも大丈夫ですよ!

サインについて詳しく知りたい方は、どう書いたら良い!?クレジットカードのサイン(署名)の書き方を参考にしてください。

財布に入れて完了!

これを忘れると、家のネット専用クレジットカードになってしまいます。(私もそういうカードが1枚あります^^;)

せっかくですから、特に理由が無い限りはリアルでも使いたいものです。最後に、お財布にセットして完了!後は使うだけです。

アクティベートが必要なカードも

カード会社によっては、アメリカン・エキスプレス社のように、普通郵便でクレジットカードを送ってくる会社もあります。そのリスクヘッジのためにか、アクティベーション(有効化)と呼ばれる作業が必要な場合もあります。

具体的には、「ここに電話してください」的な番号が書いてあり、そこに電話をし、本人確認(生年月日など)がとれた時点で、クレジットカードが使えるようになります。面倒くさいですが、これであれば、普通郵便でもありなのかな、とも思います。

クレジットカードの基礎知識カテゴリTOP

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード