決済に使えるだけじゃない!クレジットカードに付帯する保険サービス

クレジットカードには、各種保険サービスが付帯する場合があります。もったいない事に、その付帯する保険の存在を知らない方が多くいらっしゃいます。知らなかったら受けられません!間単な基礎知識があるだけでも得をしますので、よくある保険サービスを知っておきましょう。

国内・海外の旅行障害保険

クレジットカードには、国内や海外の旅行障害保険が付帯しているカードが結構あります。割高な掛け捨ての保険に入らなくても保険がついてくるとなれば大変お得です。

皆さんも早速保険がついているかをチェックしてみてくださいね。そしてもし保険がついている場合でも、注意しなければいけない点があります。それは、海外旅行のみなのか、国内も適用されるのか。また、利用付帯なのか自動付帯なのかです。

国内!?海外!?適用される旅行をチェック

クレジットカードの保険は、海外旅行の保険と、国内旅行の保険を分けて考える必要があります。一般カードであれば、海外の保険のみで、国内は適用されないカードがほとんどです。

ゴールドカード以上であれば、海外+国内が適用されるカードがほとんどです。それでも、国内と海外では、適用される内容が異なりますので、必ずチェックが必要です。

中には、生計を共にする子供にも保険が適用されるカードもあります。旅行に出発する前に、確認しておきましょう。

利用付帯!?自動付帯!?

保険に対応しているといっても、その適用条件には利用付帯と、自動付帯の2種類がありますので、注意が必要です。

利用付帯とは

利用付帯とは、旅行代金をそのクレジットカードで決済をして、初めて付帯するものです。つまり、使ったら保険が適用になるという事。これも細かな規定が各社であるようで、例えば海外旅行の際、空港までのタクシー代金をクレジットカードで払っただけでは適用されない、、といった事もあるようです。飛行機代とホテル代をそのクレジットカードで払っておけば、まず間違いないと思いますが、事前に確認しておいた方が無難です。

自動付帯とは

自動付帯とは、その名の通り何も特別な事をしなくても、自動的に保険が付帯されます。あれこれ考える必要なしに適用されますので、私たちにとって最もうれしい適用条件です。たいていのゴールドカードは自動付帯されています。

ただし、自動付帯であったとしても、旅行代金をクレジットカード決済した場合にさらに保険金額がアップする自動付帯+α的なものもあります。その場合、もちろん旅行代金もカードで払っておきたいですね。

自動付帯と利用付帯では、どちらが良いかは明白です。いざという時に困らないように、きちんと規約を読んで理解しておく事が大事です。

旅行傷害保険が付帯する複数のクレジットカードを持っている場合

死亡・後遺障害の保険額のみ、重複して適用されません。手持ちの中で最も高いものが適用されるという事にご注意ください。5000万円と1000万円のを合わせて6000万にはなりません。

クレジットカードの保険だけで十分!?

実はこれ、クレジットカード勧誘スタッフの間ではよくでる問題だったりします。セールストークとして「海外旅行の際、掛け捨ての保険に入らなくてもよくなるのでお得です」と言ってしまうと、後々クレームになる可能性があるのです。したがって、現場では、このように断言しないように注意されることがあります。

実際の所、クレジットカードの保険だけで十分かは、人それぞれ求めるもの・金額が異なるため、必ずしもそれだけで十分といいう訳ではないことに注意してください。……と現場だけでは無くここでも言っておきます(^^;)

ショッピング保険

ショッピングガードやショッピングプロテクション、お買物安心保険等、会社によって呼び方が違いますが、ここでは便宜上「ショッピング保険」と定義しておきます(専門的には、動産総合保険と言うらしいです)。

ショッピング保険とは、該当カードで購入された品物の破損・盗難などに対して、特定の期間(90日が多い)の損害を補償してくれるものです。

例えば、デジカメを購入した直後、落として壊してしまった、、、なんて時、ショッピング保険がついているクレジットカードであれば、通常補償してくれます。(本人に重大な過失があった場合や、除外商品は補償されません)

免責は払う必要がある

ただし、無料で全額補償という訳ではなく、3000円〜10000円程の免責がある場合があります。免責とはその名の通り、責任が免除されること。つまるところは自己負担額の事です。

金額に対しては少ないものではありますが、免責が低額な会社の方が、もちろんうれしいですよね。

こんな保険・補償サービスも

クレジットカード会社によっては、他にこんな保険・補償サービスもあるんですよ。

■航空便遅延保険
航空便の遅延や結構・手荷物の配達遅延・紛失などで会員が負担した金額の内、一定の費用を補償してくれるサービスです。付帯しているのは、大抵ゴールドカード以上のカードになりますが、ついていると安心です。
■犯罪被害傷害保険
通り魔などの「第三者の故意による加害行為」によって被った傷害を補償する制度。
■リターン・プロテクション
これはアメックスのオリジナルですが、国内の加盟店で購入された商品を万一返品できない場合でも、購入から90日間、アメックスが返品を受け付けするというもの。(返品された商品は、その後どこに行くのかが個人的にすごい気になります(笑))
■シートベルト保険
国内でシートベルト着用中の自動車事故による死亡、または後遺障害にあった場合に補償する制度。ただし、 警察等の公的機関によりシートベルト装着が確認されない場合は×。
■スポーツ賠償責任保険
国内外の、スポーツや練習中の事故で他人にけがをさせた場合や、他人のものに損害を与えた場合の、損害賠償責任を保証してくれます。あらかじめ申し込みが必要な場合がありますので注意です。

せっかくの保険サービスなのだから

こんなに多彩なサービスがあるのに、知らないというのはとてももったいないです。特にゴールドカード級以上であれば、必ずついているといっても過言ではありません。

所有されているクレジットカードの保険内容を、オフィシャルサイトなどから一度確認される事をお勧めします。入会当時のご利用の手引きを見るのもいいですが、最近は、サービスの変更も多いですので、最新情報はオフィシャルサイトで確認するのが一番確実です。

クレジットカードの基礎知識カテゴリTOP

日本で最もポピュラーなVisaブランドなら

日本のVisaは、VJ協会(ビザジャパン協会)の売り上げの大部分を占める、三井住友VISAカードが最も人気です。
カードデザインも良く、どこのお店とも提携していないので、場所を選ばずどこで出しても恥ずかしくないのが特長です。将来プラチナを持ちたい人の布石にも。万人にお勧めできるカードです。
サイト内記事:日本のVisaの盟主的存在:三井住友カード

「一枚目のカード取得」に燃えている方

パート・アルバイトも(もちろん正社員も)申し込み・審査対象の、アコムACマスターカード(サイト内リンク)が最もお勧めです。このカードでクレヒスをつけて($マークも付きます)、本当にほしいカードの取得を目指ざすのがお勧めです。

※お勧めの理由は当サイト内の上記ページをご覧下さい。